プロ野球のセ・リーグとパ・リーグの違いや由来は?わかりやすくご紹介します

フォローする



セ・パ両リーグチーム一覧

コロナ禍の影響で開幕が延期されていた2020年のプロ野球も、ようやく6月19日に始まりました。無観客試合ではありますが、プロ野球ファンにとってはうれしい限りです。

団塊世代の私が小学生から中学生の昭和30年代は、セ・リーグでは水原監督率いる「読売ジャイアンツ(巨人)」、パ・リーグでは三原監督率いる「西鉄ライオンズ」が人気・実力ともにトップで、子供たちの間でも大きく「ジャイアンツ派」と「ライオンズ派」に分かれていました。ただ、大阪にはこのほかに「阪神タイガースの熱狂的なファン」がいたのも事実です。

ところで、プロ野球のセ・リーグとパ・リーグの違いや由来はどうなっているのでしょうか?

今回はこれについてわかりやすくご紹介します。

1.セ・リーグとパ・リーグの歴史や名前の由来

プロ野球は今では2リーグ制が当たり前のようになっていますが、元々は1936年に設立された「日本野球連盟(日本職業野球連盟)」の1リーグ制で行われていました。

1949年(昭和24年)11月の会議で、いくつかの球団が新規参入を表明しました。その中の一つ「毎日オリオンズ」(現千葉ロッテマリーンズ)の参入を巡って意見が分かれ2リーグ制。となりました。

この時、参入に反対したのが後のセ・リーグで、参入に賛成したのが後のパ・リーグになります。

余談ですが、戦前は野球は「学生の趣味」と見られて「早慶戦」などの大学野球が人気で、プロ野球選手は「子供の趣味を大人になっても続け、生計の手段としている人々」として、一般の社会人と比べて低く見られる存在であったようです。

プロ野球人気が急上昇したのは、後年「ミスタージャイアンツ」「ミスタープロ野球」と呼ばれて大活躍することになる長嶋茂雄(終身名誉監督)の巨人入団以降ではないかと思います。

(1)セ・リーグ

セ・リーグ

①正式名称:セントラルリーグ

②リーグ発足年:1950年

③名前の由来:「正統な連盟であり主流なリーグ」という意味

④最多優勝チーム:読売ジャイアンツ 37回

⑤球団の変遷

当初、読売ジャイアンツ、大阪タイガース(現阪神タイガース)、中日ドラゴンズ、松竹ロビンス、大洋ホエールズ(現横浜DeNAベイスターズ)、広島カープ、西日本パイレーツ、国鉄スワローズ(現ヤクルトスワローズ)の8球団で始まりました。

その後、松竹ロビンスや西日本パイレーツの合併・脱退があり、6球団となって現在に至っています。

(2)パ・リーグ

パ・リーグ

①正式名称:パシフィックリーグ

②リーグ発足年:1950年

③名前の由来:「国際的な視野があるリーグ」という意味

④最多優勝チーム:埼玉西武ライオンズ 23回

⑤球団の変遷

当初、阪急ブレーブス(現オリックスバファローズ)、南海ホークス(現福岡ソフトバンクホークス)、東急フライヤーズ(現北海道日本ハムファイターズ)、大映スターズ、毎日オリオンズ(現千葉ロッテマリーンズ)、西鉄クリッパース(現埼玉西武ライオンズ)、近鉄パールスの7球団で始まりました。1954年には高橋ユニオンズが加わって8球団となります。

その後、大映スターズと毎日オリオンズの合併・脱退があり6球団となって現在に至っています。

2.セ・リーグとパ・リーグの違い

(1)DH制の有無

「DH(指名打者)制」とは、投手の代わりに打席に立つ野手を加え、計9人ではなく計10人で試合をする野球です。

人気のあるセ・リーグと差別化を図るため、メジャーリーグを見習い、パ・リーグが1975年から導入したものです。これにより、投手はピッチングに集中できますし、指名打者はバッティングだけに集中できるメリットがあります。

(2)予告先発の有無

パ・リーグでは、前日に明日の先発投手を発表する予告先発制を1985年から導入しています。

これもDH制と同様、セ・リーグと差別化を図るためのものです。ただし、予告先発制については賛否両論があるようです。

(3)実力の差

セ・パ交流戦では、毎年パ・リーグが勝ち越しており、「実力のパ・リーグ」と言えそうです。

(4)人気の差

人気については、セ・リーグに人気球団が圧倒的に多いこともあり、「人気のセ・リーグ」と言えそうです。

2019年の観客動員数は、セ・リーグが14,867,071人で、パ・リーグが11,669,891人でした。

ただ、近鉄の野茂英雄やオリックスのイチロー、最近では楽天の田中将大や、日本ハムのダルビッシュ有や大谷翔平などの人気選手も出ており、今後もスター選手が何人も出てくれば「人気のパ・リーグ」となる可能性もあります。



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする