シャーロック・ホームズの作者コナン・ドイルは落伍した医師だった!

フォローする



博物館内部

シャーロック・ホームズと言えば、イギリスのアーサー・コナン・ドイルの創作した架空の探偵で、シャーロック・ホームズシリーズの主人公です。

日本でも明智小五郎(江戸川乱歩)や金田一耕助(横溝正史)、神津恭介(高木彬光)、三毛猫ホームズ(赤川次郎)、名探偵コナン(青山剛昌)などたくさんの名探偵がいます。

しかし、シャーロック・ホームズほど全世界に熱狂的なファンが存在する名探偵は、他にいないと思います。

1.アーサー・コナン・ドイルとは

アーサー・コナン・ドイル(1859年~1930年)はエジンバラ大学医学部出身の医師で、診療所を開業しましたがあまり成功しませんでした。そこで患者を待つ暇な時間を利用して執筆活動を始め、雑誌社への投稿を始めます。

また無資格の眼科医への転身を図りますが患者は全く来ず執筆活動一本に絞る決意をします。

1891年から「ストランド・マガジン」誌上にホームズの読み切り短編小説の連載を始め、爆発的な人気を獲得しました。

2.シャーロキアンとは

シャーロキアンは、「シャーロック・ホームズの熱狂的愛好者のこと」ですが、彼らの特徴は、シャーロック・ホームズを実在の人物とみなして、「シャーロック・ホームズシリーズ」を「正典」または「聖典」と呼んで各種研究を行う点です。

これはキリスト教の「聖書研究」をパロディー化した行動様式です。日本でも「東京サザエさん学会」による「サザエさん」に関する「磯野家の謎」という研究がありますが、シャーロキアンと似た研究ですね。

また、シャーロック・ホームズの多くは、相棒のワトソンが執筆したとの設定で、コナン・ドイルが書いていますが、シャーロキアンは、ワトソンを実際の執筆者とみなして、ドイルはワトソンの出版エージェントもしくはゴーストライターと位置付けています。

ただ、これは本当に信じ込んでいるわけではなく、「遊び心」であり、「研究ごっこ」のようなものです。

歴史に「if」はありませんが、「クレオパトラの鼻がもう少し低かったら、世界の歴史も変わっていたであろう」とか「織田信長が本能寺の変で死去していなければ、その後の歴史はどうなっていたか」とか歴史については、いろいろと想像して楽しむことができます。シャーロキアンもそういう楽しみ方をしているのでしょう。

なお、アメリカや日本ではシャーロキアン(Sherlockian)とは呼ばれていますが、本家本元のイギリスでは、ホームジアン(Holmesian)と呼んでいます。

3.シャーロック・ホームズ博物館

私は仕事でロンドンに出張した折に、「ベーカーストリート駅」の近くにある「シャーロック・ホームズ博物館」を見学しました。

シャーロック・ホームズファンには堪らない場所だと思います。私はそれほど熱心なファンではありませんが、たくさんの人が詰めかけているのを見て、ファン層の厚さに驚きました。

私が調査チームの一員として海外出張する前に、担当役員から「君たちは、樺太探検をした間宮林蔵のようなもので、実情は自分も含めて誰も知らない。だから予断を持たずに調べて来てほしい。それともう一つ、自分の経験だが、海外出張の時は見聞を広める絶好の機会だから、仕事を手早く片付けて、あとはいろいろな場所を見て来るようにすればよい」との言葉をもらったのが印象的でした。「ワーケーション」を予見するような言葉でした。

私は「大英博物館」も見たいと思っていたのですが、同行者のこともあり、時間がなくて結局ロンドンではウィンザー城・ロンドン塔・ハイドパーク・シャーロックホームズ博物館を見て終わりでした。



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする