紅葉(もみじ)と楓(かえで)の違いは何か?見分け方は?

フォローする



紅葉と楓

前に「なぜ秋になると紅葉・黄葉するのか?」という記事を書きましたが、「もみじ」と「かえで」というよく似た呼び名の違いをご存知でしょうか?

1.紅葉(もみじ)と楓(かえで)の違い

もみじとかえで

(1)植物学上の分類は同じ

植物分類上は、モミジもカエデも同じ「ムクロジ科(旧カエデ科)カエデ属」の落葉高木です。

ちなみに英語では、モミジもカエデもどちらも「Maple」と呼びます。特に「日本のモミジ」について区別する場合は「Japanese maple」と表記します。

ホットケーキやワッフルにかける「メープルシロップ(maple syrup)」や「カナダの国旗の図柄」にも使用されていますね。これは「サトウカエデ(sugar maple)」です。

カナダ国旗

(2)園芸や盆栽では明確に区別

しかし、園芸や盆栽では明確に区別しています。

①園芸

・紅葉:葉の切れ込みが多く、深いもの

(例)イロハモミジ、ヤマモミジ、オオモミジなど

・楓:切れ込みの浅いもの

(例)トウカエデ、イタヤカエデ

②盆栽

・紅葉:葉の形が小さくて切れ込みが深く、秋の紅葉に真っ赤になるもの

盆栽のもみじ

・楓:葉の切れ込みが浅くて、大きいもの

盆栽(かえで)盆栽(カエデ)

2.紅葉(もみじ)と楓(かえで)の語源

イロハモミジとハウチワカエデ

(1)紅葉(もみじ)

「もみじ」の語源は、ベニバナなどから染料を揉み出す「もみづ」です。

染料が染み出すように、草木が色づいた様子を「もみぢ」と言うようになり、「かえで」の中でも特に鮮やかに色を変えるものを「紅葉(もみじ)」と呼ぶようになったわけです。

(2)楓(かえで)

「かえで」の語源は、「蛙手(かえるで)」で、葉の形が蛙の手に似ているからです。

蛙の手



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする