切手・電車・割り勘・ビー玉など意外と知らない「略語(略称)」の「正式名称」

フォローする



花切手

日本人は言葉を省略することが好きな民族のようです。「国際連合」を「国連」、「公正取引委員会」を「公取委」、「外国為替」を「外為」と略称で呼ぶように、長たらしい名前を広く認知できる短い言葉で表現するのは合理的と言えます。

特に若者にその傾向が顕著です。たとえば最近では「自己中心的」を「自己中」と言うなどの例があります。しかしこれなどは、まだ日本語として広く認知され定着しているかは疑問です。

もちろん英語圏にも「略語(略称)」はあります。主なものはアルファベットの「頭文字」を使用する「頭字語」で、「FBI(エフビーアイ)」のように「アルファベットを一文字ずつ発音するもの」(イニシャリズム)と、「NASA(ナサ)」のように「略語を普通の単語と同じように発音するもの」(アクロニム)とがあります。

ところで我々が「略語(略称)」と気付かずに当たり前のように使っている日本語の中には、「正式名称」を意外と知らないものがいくつもあります。

1.切手(きって)

「切手」という名称は、もともとは「持参人に表示された商品を引き渡す一種の商品券」を意味する言葉で、当初は「切符手形(きりふてがた)」と呼ばれていましたが、その後略されて「切手」と呼ばれるようになりました。

江戸時代に通称「蔵預かり切手」と呼ばれた「米切手」がその代表的なものです。ただし、現在の「切手」は「郵便切手」の略語です。

余談ですが、私が子供の頃は「空前の切手収集ブーム」で、私も「花切手シリーズ」や「国際文通週間シリーズ」「切手趣味週間シリーズ」などの「記念切手」が発行されるたびに買ったものです。

国際文通週間記念切手

2.電車

「電車」という名称は、もともと自走式の「電動機付き客車(電動客車)」および事業用車を含む「電動機付き貨車(電動貨車など)」の略称でしたが、現在では一般名詞となっています。

3.割り勘

「割り勘」は「割前勘定(わりまえかんじょう)」の略語です。

この「割前勘定」を考案したのは、江戸時代の戯作者・浮世絵師の山東京伝(1761年~1816年)だと言われています。彼は友人との飲み会でも頭数で代金を計算していたことなどから、当時「京伝勘定」とも呼ばれたそうです。

最近は総務省の高級官僚が、菅首相の長男が役員を務める会社から一人あたり1万円を超える(最高額は7万円以上)の高額接待を受けたことが週刊文春の記事で明らかになり、「国家公務員倫理法違反」が問題になっていますね。

国民の誰が考えても明らかな違反で、過去に大蔵省の「接待漬け」が大問題になったのに、「割り勘」にせずこのような接待を受け続けていたのは、頭が良いはずの高級官僚の感覚が麻痺していたということでしょう。

4.ビー玉

ビー玉

「ビー玉」は「ビードロ玉」の略語です。「ビードロ」とは、ポルトガル語で「ガラス」という意味です。

「切手趣味週間」の記念切手にも「ビードロを吹く娘」というのがありましたね。これは喜多川歌麿の浮世絵版画を図案にしたもので、私も収集していました。

彼女が吹いている「ビードロ」は「ポッペン」と呼ばれるガラスの玩具で、息を吹き込むと底がポッペンと鳴るのでこう呼ばれています。

ビードロを吹く娘・記念切手ビードロを吹く娘・喜多川歌麿

余談ですが、サイダーとよく似た清涼飲料にラムネにも「ビー玉」が入っています。

ただし、ラムネ瓶に入っているのはビー玉不完全な球形のB玉)ではなくエー玉完全な球形のA玉だそうです。ちょっとややこしいですね。

そしてラムネに不合格のビー玉は、子供の遊び道具「ビー玉」として売られることになったのだそうです。ちなみに私の地元では「ビー玉」のことを「ラムネ」と呼んでいました。

5.演歌

「演歌」は、「演説歌」を略したものです。明治時代の自由民権運動において政府批判を歌に託した「演説歌」が作られたのが起源です。

演説への取締りが厳しかった時代に、演説を歌にすることで取締りから逃れていたのだそうです。

6.寒天

寒天

「寒天」は「寒ざらし心太(ところてん)」を略したものです。

「心太を寒い屋外に放置してしまうというミス」が原因で偶然誕生したのが「寒天」です。

これこそ「セレンディピティ」の賜物ですね。

余談ですが、私の故郷である高槻市の原地区は寒天の産地として有名です。

江戸時代に摂津国島上郡原村字城山(現在の高槻市原)の宮田半兵衛が製法を改良して寒天製造を広めました。1798年には寒暖差の大きい島上郡・島下郡・能勢郡の18ケ村による「北摂三郡寒天株仲間」が結成されており、農閑期の余業として寒天製造が行われたそうです。

7.経済

「経済」は「経世済民(けいせいさいみん)」の略語です。

「経世済民」は、中国の古典に登場する言葉で、文字通りには「世を経(おさ)め民を済(すく)う」で、「世の中をよく治めて、人々を苦しみから救う」という意味です。

なお「経国済民」もほぼ同じ意味です。

8.軍手

作業用手袋としておなじみの「軍手」は「軍用手袋」の略語です。旧日本軍の兵士が用いたことに由来しています。

9.食パン

「食パン」は「主食用パン」の略語です。これは日本に食パンが広まった頃に、「海外で広く主食とされていたパン」だったことから「主食用パン」と名付けられ、やがて「食パン」と略して呼ばれるようになりました。

なお、木炭筆でデッサンをする時に消しゴム代わりに使う「消しパン」に対して、食べるパンを区別するために「食パン」と呼ばれるようになったという説もあります。

10.バス

電車と並ぶ公共交通機関として普段我々がよく乗る「バス」は、「オムニバス」(omnibus)の略語です。

もともとは「ラテン語」で「全ての人のために」という言葉でしたが、現代のバスのように大人数が乗れる「乗合馬車」が誕生したことがきっかけで「乗合馬車=オムニバス」となったものです。

11.ピアノ

「ピアノ」は「クラヴィチェンバロ・コル・ピアノ・エ・フォルテ」の略語です。

イタリア語が語源で、「強い音や弱い音を出せるチェンバロ」という意味です。この「ピアノ」の原型は、17~18世紀のイタリア・フィレンツェの楽器製作家バルトロメオ・クリストフォリ(1655年~1731年)が製作しました。

「ピアノ」が生まれるまでのバロック音楽の時代には「チェンバロ」が用いられていました。

12.パトカー

パトカーと白バイ

「パトカー」は英語の「patrol car(パトロールカー)」を略したものですが、日本語の正式名称は「警邏(けいら)用緊急自動車」です。

ちなみに、パトカーの車の上にある赤色でクルクル光る物体は、一般には「パトライト」と呼んでいますが、正式名称は「散光式警光灯」です。

13.白バイ

「白バイ」は英語では「Police motorcycle(警察のオートバイ)」と言いますが、日本語の正式名称は、「交通取締用自動二輪車」です。



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする