トランプと暦との不思議な関係とは?トランプのマークの意味もご紹介します

フォローする



トランプ・カードゲーム

前にトランプの「ジョーカー」についての記事を書きましたが、今回は「トランプと暦との不思議な関係」と「トランプのマークの意味」についてご紹介します。

1.トランプと暦との不思議な関係

トランプは4種類と13数字で構成されていますが、これと暦とは不思議な関係性があります。

まず、トランプは52枚(4×13)で、1年間は52週(365÷7)です。

そして1から13までを全て足すと91になります。91が4種類あるので合計364(91×4)です。そしてジョーカーは2枚入っていますが、ゲームによって1枚だけ使用したり、2枚使用したりします。1枚使うと365枚1年間の365日と同じです。2枚使うと366枚うるう年の366日と同じになります。

さらにトランプの四種類は、クラブダイヤハートスペードを表しています。それぞれの種類のトランプ13枚ずつありますが、これは一つの季節13週あるのに対応しており、四種類で1年の四季を表しています。

また、ダイヤとハートの赤いマークは、日の出から日の入りまでの日中の「昼間」を表し、クラブとスペードの黒いマークは、日の入りから日の出までの闇の「夜間」を表しています。

なお、13枚のカードは「太陰暦の月の数13」を表し、一方「太陽暦では月の数は12」なので、絵札が全部で12枚(4×3)あるという解釈もあるようです。

2.トランプのマークの意味

(1)クラブ

「クラブ」のマークは「クローバの葉」です。最初にトランプが作られたときは、「農民の棍棒(こんぼう)とその先に飾った三ツ葉のクローバ」でしたが、棍棒を捨てて三ツ葉のクローバだけを残しました。

そのため「クラブ」は「農業」「平和」「勇気」「仕事」「努力」「知恵」「学問」「春」「火の星座(おひつじ座・しし座・いて座)」などを象徴しています。

なお、絵札の「K(キング)」は「王様や国王」、「Q(クイーン)」は「女王や王妃」、「J(ジャック)」は「廷臣または兵士」を表していますが、マークの種類ごとにそれぞれモデルがあります。

クラブのキング:アレキサンダー大王(マケドニア国王)

クラブのクイーン:アルジーヌ(シャルル7世の妻、アンジュー公女マリーまたは愛人のアニエ・ソレル)

クラブのジャック:ランスロット(アーサー王に仕えた円卓の騎士の1人)

(2)ダイヤ

「ダイヤ」のマークは「最高の貨幣としてのダイヤモンド」で、「財産」「お金」「商人の貨幣」「経済力」「夏」「地の星座(おうし座・おとめ座・やぎ座)」などを象徴しています。

ダイヤのキング:カエサル(古代ローマの軍人・政治家)

ダイヤのクイーン:ラケル(旧約聖書のヤコブの妻)

ダイヤのジャック:ヘクトル(トロイの王子)

(3)ハート

「ハート」のマークは心臓ではなく「聖杯」の変化したもので、「僧侶」「僧侶の教える魂」「聖杯」「愛」「感情」「秋」「水の星座(かに座・さそり座・うお座)」などを象徴しています。

ハートのキング:カール大帝(フランク国王)

ハートのクイーン:ユディト(ユダヤの女戦士またはカール大帝の子の妻)

ハートのジャック:ラ・イル(ジャンヌ・ダルクの戦友)

(4)スペード

「スペード」はラテン語で「剣」を意味しており、「騎士」「貴族」「貴族の剣」「軍隊」「主権」「冬」「風の星座(ふたご座・てんびん座・みずがめ座)」などの象徴です。また「死」を表すとも言われています。

スペードのキング:ダビデ王(古代イスラエル国王)

スペードのクイーン:バラス・アテナ(ギリシャ神話の戦いの神)

スペードのジャック:オジェ・ル・ダノワ(カール大帝の騎士)

これらが定着したのは16世紀中頃と言われています。



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする