心地よい・気持ちよくなるCMにはアルファ波や1/fのゆらぎが含まれている!?

フォローする



JTCM

1.JT

JTのCM「日本のひととき」シリーズは、音楽・映像(出演者を含む)・メッセージの三拍

子そろった心地よい・気持ちよくなるCMで、私は大好きです。

「折り鶴編」「水引編」「和歌編」「生け花編」「花火編」「銭湯編」のどれも、日本の美しい伝統と、それをじっと見つめる若く美しい外国人女性の姿がとても印象的です。

バックに流れる音楽も、実に穏やかで美しい旋律です。日本文化紹介を兼ねた映像としても素晴らしいと思います。外国人女性による日本語の控えめで味わい深い内容のナレーションにも惹かれますが、「ひとときを想うJT」という最後のメッセージも素敵ですね。

出演している外国人女性は、リヴ・オドリスコールさんというニュージーランド出身で、現在ニューヨークで活動中のモデルさんです。

流れている曲は、ジョージ・ウィンストンさん作曲の「あこがれ/愛(Longing/Love)です。

2.タケモトピアノ

「ピアノ売ってちょーだい!みんなまあるくタケモトピアノ・・・」という財津一郎さんが登場する「タケモトピアノ」のCMは幼稚園児に大人気だそうで、むずがっていた子供も途端に機嫌がよくなると言われています。赤ちゃん用のおもちゃには、「にっこりメロディー」として収録されているそうです。

20年も前から、ずっと同じ映像で放映されているそうですが、確かに大人でも「心地よくなるメロディー」だと思います。

3.住友林業

「森の力を未来の力にして・・・」で始まる女性歌手が歌う住友林業のCMソングは、癒されるような声で、ハウスメーカーのイメージソングとしてぴったりだと思います。

以前、大相撲の白鵬が登場する「木造三階建」のCMがありましたが、これは耐震性などを強調したものだったように思います。しかし、大半が「二階建て木造注文住宅」の住友林業のCMとしては、最初の優しい歌の入ったバージョンの「話してあげたい」編の方が好感が持てます。

これは、ビューティフルハミングバードというアコースティック・デュオの「Forest Of My Heart」という曲だそうです。ビューティフルハミングバードは、日本人男女2人のユニットです。

4.積水ハウス

「家に帰れば積水ハウス」というキャッチフレーズのCMですが、音楽が心地よい響きがあります。この「積水ハウスの歌」は、1970年に羽柴秀彦作詞・小林亜星作曲で誕生しました。

私は、音楽のことにはあまり詳しくない人間ですが、心地よく聞こえる楽曲(ヒーリング音楽と言うのでしょうか?)には、人をリラックスさせてくれる「マイナスイオン」のような「アルファ波」「1/fのゆらぎ」とやらが含まれているのでしょうか?

蛇足ですが、火をじっと見つめていると、何だか心が落ち着いてくるのは、「1/fのゆらぎ」が含まれているからだそうです。ゆらゆらと不規則に揺れる姿に、癒しの秘密があるようです。



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする