「一切放下父母未生以前本来の面目は何か」という「禅の公案」と「則天去私」

フォローする



秋の円覚寺

この世の中には、禅の公案、お経、パソコンの説明など「意味のよくわからない言葉」というものがたくさんあります。今回はこれらについて考えてみたいと思います。

1.禅の公案

(1)一切放下父母未生以前(いっさいほうげぶもみしょういぜん)

意味の分からないやり取りを「禅問答のようだ」と言います。確かに禅宗において、考える課題として提示される「公案」も、簡単に答えの出るものではありません。数多くの数学の天才たちが何世紀にもわたって挑んでも解けない「数学の未解決問題・超難問」と似たようなものです。

私は、どの本で読んだのか定かではありませんが「一切放下父母未生以前」という禅の公案が印象に残っています。しかしネットなどを見ると「一切放下」を付けたものが見当たらないので、私の記憶違いかもしれません。

夏目漱石の小説「門」で、主人公の宗助が禅寺に参禅して老師から与えられた「公案」として、「父母未生以前本来の面目は何か」というものがありました。

 老師らうしといふのは五十格好がつかうえた。赭黒あかぐろ光澤つやのあるかほをしてゐた。その皮膚ひふ筋肉きんにくことごとくしまつて、何所どこにもおこたりのないところが、銅像どうざうのもたらす印象いんしやうを、宗助そうすけむねけた。たゞくちびるがあまり厚過あつすぎるので、其所そこ幾分いくぶんゆるみがえた。そのかはかれには、普通ふつう人間にんげん到底たうているべからざる一種いつしゆ精彩せいさいひらめいた。宗助そうすけはじめてその視線しせんせつしたときは、暗中あんちゆう卒然そつぜんとして白刄はくじんおもひがあつた。
「まあなにからはひつてもおなじであるが」と老師らうし宗助そうすけむかつてつた。「父母ふぼ未生みしやう以前いぜん本來ほんらい面目めんもくなんだか、それをひとかんがへてたらかろう」
宗助そうすけには父母ふぼ未生みしやう以前いぜんといふ意味いみがよくわからなかつたが、なにしろ自分じぶんふものは必竟ひつきやう何物なにものだか、その本體ほんたいつらまへてろと意味いみだらうと判斷はんだんした。それより以上いじやうくちくには、あまぜんといふものゝ知識ちしきとぼしかつたので、だまつてまた宜道ぎだうれられて一窓庵いつさうあんかへつてた。
晩食ばんめしとき宜道ぎだう宗助そうすけに、入室にふしつ時間じかん朝夕てうせきくわいあることゝ、提唱ていしやう時間じかん午前ごぜんであることなどをはなしたうへ
今夜こんや見解けんげ出來できないかもれませんから、明朝みやうてう明晩みやうばん御誘おさそまをしませう」と親切しんせつつてれた。それから最初さいしよのうちは、めてはるのは難儀なんぎだから線香せんかうてゝ、それで時間じかんはかつて、すこづゝやすんだらからうとやう注意ちゆういもしてれた。
宗助そうすけ線香せんかうつて、本堂ほんだうまへとほつて自分じぶんへやきまつた六でふ這入はいつて、ぼんやりしてすわつた。かれからふと所謂いはゆる公案こうあんなるものゝ性質せいしつが、如何いかにも自分じぶん現在げんざいえんとほやうがしてならなかつた。自分じぶんいま腹痛ふくつうなやんでゐる。その腹痛ふくつううつたへいだいてると、豈計あにはからんや、その對症たいしやう療法れうはふとして、づかしい數學すうがく問題もんだいして、まあこれでもかんがへたらからうとはれたと一般いつぱんであつた。かんがへろとはれゝば、かんがへないでもないが、それは一應いちおう腹痛ふくつうをさまつてからのことでなくては無理むりであつた。

「自分が生まれる前の更に前の、父母が生まれる前において自分は一体何だったのか」あるいは「まだ自分が母の胎内を出る前の、つまりいまだ生まれ出づる前の汝の心境を言ってみよ」というような意味かと思いますが、「そんなこと考えたことない」「この世には影も形もなかった」と答えるぐらいが関の山ではないでしょうか?

漱石自身も27歳の時、厭世気分に陥り、鎌倉の円覚寺で10日間の参禅をしています。その時、老師から出された「公案」が「(一切放下)父母未生以前本来の面目は何か」だったそうです。漱石も老師が満足するような答えは出来なかったそうです。

(2)「一切放下父母未生以前本来の面目は何か」という公案にまつわる逸話

「一撃所知(しょち)を忘ず、更に修治に仮(か)らず」あるいは「香巌撃竹大悟(きょうげんげきちくたいご)の逸話」と言われるエピソードです。

中国・唐の「香巌知閑禅師(きょうげんちかんぜんじ)」は、一を聞いて十を知る聡明で博識の禅僧でしたが、当時禅界の第一人者であった百丈懐海(ひゃくじょうえかい)禅師に師事していました。百丈懐海が亡くなった後は、潙山霊祐の下で参禅を続けました。

その時出された公案が「父母未生以前本来の面目は何か」という公案でした。「まだ母の胎内を出ない先、未だ生まれいづるその前の汝の心境を言ってみよ」というわけです。

仏教でいうところの「輪廻転生(りんねてんしょう)のことを考えよ」ということなのかも知れません。

あるいは、「地獄界」「餓鬼界」「畜生界」「修羅界」「人間界」「天上界」の六つの迷いの世界の「六道(ろくどう)」を輪廻する「六道輪廻のことを考えよ」ということでしょうか?

五里霧中の中に置かれて、香巌は戸惑いました。頭で考えたことをあれこれ言っても潙山は許しません。博識のゆえに学識理論にとらわれ過ぎていたのです。長い年月が過ぎ、失意の極に達した彼は、「どうか教示願いたい」と嘆願しました。

しかし潙山は、「私がそれを教えたり言ったりすれば、それは私の言葉であり、お前の心境から出た一句ではない。今私がその一句を言ってしまえば、後で必ず私を恨むことになろう」と言って応じなかったそうです。

とうとう彼は自分の愚鈍さに失望して、潙山のもとを去り、かつて慕った国師の墓守りをして暮らすことにしました。

そんなある日のこと、かき集めた落葉を竹藪に捨てたところ、そのごみの中に小石が混じっていたのか、竹に当たってカッーンという音がして静寂の山の墓地に響きました。

その途端に彼はハッと悟りを得ることが出来たというのです。

その大悟の内容はわかりませんが、「読書や思索・思想は指針を得るためのものであるが、座禅ではそれまでに得た指針を捨てること、頭で考えたことや勉強で得たこと一切を、自分の考えの全てを捨て去ることがまず必要」で「心身を脱落させると、一切の念にひきずられないようになり悟りに至る」「本来の自己、虚飾を全て捨て去った本質的な自分」というようなことになるのでしょうか?

(3)夏目漱石の「則天去私」

漱石が晩年に文学や人生の理想とした境地を表す言葉として「則天去私」があります。

これは「自我の超克を自然の道理に従って生きることに求めようとしたもの」で、「我執を捨てて、諦観にも似た調和的な世界に身を任せること」です。漱石の死去により未完となった「明暗」は、則天去私の境地を描こうとした作品とも言われています。

これは「一切放下父母未生以前本来の面目は何か」という禅の公案に対する漱石なりの答えだったのかもしれません。

私などには、「この公案はよく分からない」というのが正直なところですが、漱石や香巌もそう簡単には大悟に至らなかった難問の「公案」ですので、「自我とは何か?自己を見つめる、自分を見つめ直す」という意味で、生きている間に気楽にゆっくり考えて行こうと思っています。

2.お経

「お経」は、般若心経でも法華経、阿弥陀経にしても、だらだらと唱えているだけで知らない人間には何を言っているのか聞き取れないし、当然ながら意味もわかりません。

ただ浄土真宗のお葬式のお経の中にある「朝(あした)に紅顔ありて、夕べに白骨となる」という部分だけは、はっきり聞き取れて意味もよくわかります。

これは和漢朗詠集の「朝に紅顔あって世路(せいろ)に誇れども、暮(ゆふべ)に白骨となって郊原に朽ちぬ」に由来します。

「朝健康そうな顔をしていた若者も、夕方には死んで白骨となることがある」という意味で、「人の生死のはかり知れないこと、この世の無常なこと」を表しています。

和漢朗詠集にある藤原義孝の詩の一節ですが、蓮如上人がその著「御文章」の中に引用したことから、浄土真宗のお葬式で唱えられることになったものです。

3.パソコンなどの説明

インターネットなどを見ていて、あるいはエクセルで作業をしていて、何らかの不具合が発生した時出て来る「ダイアログ画面」がありますが、その文章は「言語明瞭、意味不明瞭」と言うのがぴったりします。「Yes」か「No」かと問われても、言葉の意味が理解できないので判断のしようがありません。皆さんも経験があるのではないでしょうか?


心を癒す漱石文学 「父母未生以前」に導かれ [ 熊谷和代 ]