「夏の七草」ってあるの?あるとすれば、それは誰がいつ選定したのか?

フォローする



蓮

前に「春の七草」と「秋の七草」の記事を書きましたが、「夏の七草」や「冬の七草」ってあまり聞きませんよね。

果たして「夏の七草」や「冬の七草」ってあるのでしょうか?今回は「夏の七草」について調べてみました。

実は「夏の七草」として8つも選定されています。古来の「秋の七草」と重複する植物もありますが、これは旧暦と新暦の違いによるものと思われます。

1.「夏の七艸考」楓園鈴木重瑊 著(明治37年<1904年>)

美しい夏の花を選んだオーソドックスな「夏の七草」です。

①ナデシコ(撫子)

撫子

②オモダカ(沢瀉)

沢瀉

③ユウガオ(夕顔)

ユウガオ

④ヒルガオ(昼顔)

昼顔

⑤ハチス(蓮)

蓮の花

⑥ユリ(百合)

百合

⑦アザミ(薊)

薊

2.「懸葵(かけあおい)8巻6号」つくも生 著(明治44年<1911年>)

これは夏らしい水草ばかりを選んだ「夏の七草」です。

①スイレン(睡蓮)

睡蓮

②ミズアオイ(水葵)

水葵

③ガマ(蒲)

蒲

④ヒシ(菱)

菱

⑤タヌキモ(狸藻)

狸藻

⑥ヒンジモ(品字藻)

品字藻

⑦ミズアサガオ(水朝顔)

水朝顔

3.「観賞植物大図鑑8月巻」安達潮花 著(大正10年<1921年>)

この「夏の七草」も、夏らしく水辺や湿地の植物を選んでいます。

①サワギキョウ(沢桔梗)

沢桔梗

②ヒツジグサ(未草)

未草

③ホシクサ(星草)

星草

④ミソハギ(禊萩)

禊萩

⑤ミズアオイ(水葵)

水葵

⑥サンショウモ(山椒藻)

山椒藻

⑦デンジソウ(田字草)

田字草

4.勧修寺経雄(*)が詠んだ次の和歌によるもの(昭和初期)

「涼しさはよしいおもだかひつじぐさはちすかわほねさぎそうの花」

この和歌に詠まれた「夏の七草」はなかなか風流で雅趣があります。

(*)勧修寺経雄(かじゅうじつねお)(1882年~1936年)は、旧貴族院議員で伯爵

①ヨシ(葦)

葦

②イ(藺)

藺

③オモダカ(沢瀉)

沢瀉

④ヒツジグサ(未草)

未草

⑤ハチス(蓮)(現在の呼び名は「ハス」)

蓮の花

⑥カワホネ(河骨)(現在の呼び名は「コウホネ」)

河骨

⑦サギソウ(鷺草)

鷺草

5.日本学術振興会学術部・野生植物活用研究小委員会 選定(昭和20年<1945年>)

1945年6月20日に「戦時中の食糧難の時節にも食べられる植物」として選定したものです。

①アカザ(藜)

藜

②イノコズチ(猪子槌)

猪子槌

③ヒユ(莧)

ヒユ

④スベリヒユ(滑莧)

スベリヒユ

⑤シロツメクサ(白詰草)

白詰草

ヒメジョオン(姫女苑)

姫女苑

⑦ツユクサ(露草)

露草

6.「植物図絵」本田正次 著(昭和23年<1948年>)

①ヒユ(莧)

ヒユ

②アカザ(藜)

藜

③シロツメクサ(白詰草)

白詰草

④ヒメジョオン(姫女苑)

姫女苑

⑤スベリヒユ(滑莧)

スベリヒユ

⑥イノコズチ(猪子槌)

猪子槌

⑦ツユクサ(露草)

露草

7.「学習植物図鑑」理科教育研究委員会 編(昭和26年<1951年>)

①ヒメジョオン(姫女苑)

姫女苑

②シロツメクサ(白詰草)

白詰草

③アオビユ(青莧)

アオビユ

④スベリヒユ(滑莧)

スベリヒユ

⑤ツユクサ(露草)

露草

⑥アカザ(藜)

藜

⑦イノコズチ(猪子槌)

猪子槌

8.自然写真家・亀田龍吉 著「写真でわかる雑草の呼び名事典」(平成24年<2012年>)

①チガヤ(白茅)

チガヤ

②ヒルガオ(昼顔)

昼顔

③ヤブカンゾウ(藪萱草)

ヤブカンゾウ

④ドクダミ(蕺)

ドクダミ

⑤ミツバ(三葉)

ミツバ

⑥ノアザミ(野薊)

薊

⑦ツユクサ(露草)

露草



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする