「同の字点(どうのじてん)」「踊り字」にまつわる面白い話

フォローする



同の字点とは

1.同の字点

「々」についての雑学をお話しします。

「代々木」「佐々木」「野々村」「山々」などとよく使われる「々」ですが、これは漢字ではありません。「句点」(。)や「読点」(、)と同じ仲間です。

漢字であれば、「音読み」「訓読み」で幾通りかの読み方がありますが、あくまでもその漢字の「別の読み方」です。しかし、この「」は「前の漢字と同じ」ということを表す「記号(符号)」で、「同の字点」(どうのじてん)と呼びます。

分解すると「ノ」と「マ」になることから「ノマ点」という俗称もあります。

なお、パソコンやスマホで「々」を出すには、「おなじ」「どう」「くりかえし」などと入力すれば出て来ます。

2.踊り字

「踊り字(躍り字)」とは、「同一の漢字または仮名を重ねることを表す符号(特殊記号)」のことです。「おどり」「繰り返し符号」「重ね字」「送り字」「揺すり字」「重字(じゅうじ)」「重点(じゅうてん)」「畳字(じょうじ)」という呼び方もあります。

上記の「同の字点」も踊り字の一種です。

踊り字にはこのほかに、「一の字点」、「二の字点」、「くの字点」があります。

(1)一の字点

「ゝ」「ゞ」はひらがなを重ねる場合に、「ヽ」「ヾ」はカタカナを重ねる場合に用います。

(2)二の字点

「〻」は殷から使われている小さい「二」の字を崩した記号です。「揺すり点」とも呼ばれ、主に縦書きの文章で用いられます。現在は「々」で代用されることが多いようです。

(3)くの字点

「〈」は縦書きの文章のみに用いられ、平仮名の「く」の字を延ばしたように書きます。



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする