トランプの「ジョーカー」とは一体誰のことか?わかりやすくご紹介します。

フォローする



ジョーカートランプ

私が子供の頃は、正月になると「百人一首」のカルタ取りもやりましたが、トランプをして遊ぶことが多かったように思います。

トランプと言っても、ポーカーなどの難しいものはやらず、もっぱら「七並べ」「神経衰弱」「ババ抜き」をして楽しみました。

この「ババ抜き」の「ババ」が「ジョーカー」ですが、これは一体何なのでしょうか?そしてまた一体誰のことなのでしょうか?

七並べの時は、ジョーカーを自分が持っているカードの前のカードとして使える強力な武器になる反面、最後まで残ると負けになります。ババ抜きの時も最後まで残ると負けになる不思議なカードです。

今回はこの疑問についてわかりやすくご紹介したいと思います。

1.「ジョーカー」とは

トランプのジョーカートランプジョーカー

(1)「ジョーカー」とは誰か

「ジョーカー(joker)」の札に描かれているのは「道化師」です。前に「アルルカンと道化師」「ピエロとクラウン」の記事を書きましたが、このジョーカーの道化師は、「宮廷道化師」です。

中世ヨーロッパでは、王様や貴族たちを楽しませる仕える人々がいました。これが「宮廷道化師」です。愉快な言動と悪ふざけで周りの人々を楽しませる芸人です。ジョーク(joke)を言って楽しませる人(joker)ですから、まさにそのままです。

(2)「ジョーカー」のもう一つの役目

しかしジョーカーは周りの人を楽しませる一方、「王様や貴族を批判し、他の人が言えないことを口にする役目」も持っていました。

古今東西を問わず、上の立場の人に逆らうのは勇気がいります。まして中世ヨーロッパでは、王様に逆らえば殺されかねない時代です。それができるのは「死を恐れない愚か者(The fool)」だけです。道化師が英語で「The fool」とも呼ばれるのはそのためです。

宮廷道化師の役目は、シェイクスピアの「リア王」など中世英国を描いた劇や文学作品に描かれています。

(3)「ジョーカー」の威力

道化師でも王様を批判すれば処罰される可能性があり、追放された道化師もいたようです。しかし王様は「器の大きさを見せたい」という打算もあり、簡単には処罰されませんでした。

そのため「トランプ」では「キング」よりも強い札になると言われています。

(4)怖い絵の「ジョーカー」

ジョーカー怪人ジョーカー怪物

ジョーカーの絵は、宮廷道化師を描いたものが多いですが、怖い顔をしていたり、怪物か怪人のようなものもあります。

ジョーカーが怖い理由は諸説ありますが、代表的なものを2つご紹介します。

①王様には怖い

前記の通り、道化師には王様を批判する役目があります。その意味で王様にとって道化師は時にとても厄介で怖い存在です。そのため、怖い絵で描かれているという説です。

②平民には怖い

普通の人(平民)から見ると、王様はとても怖い存在です。機嫌を損ねれば簡単に殺されてしまうので、普通の人は王様を批判できません。

しかし道化師は平然とそれをやってのけるので、普通の人から見ると王様よりも怖い存在だったのです。そのため、怖い絵で描かれているという説です。

また、道化師は悪魔や神様と取引した人とも言われています。ゲーテの「ファウスト」のメフィストフェレスのように、中世ヨーロッパでは人間と悪魔が取引すると信じられていた時代です。「魔女狩り」が行われるほど、人々は悪魔を恐れていました。

そのため、王様より強い力を持つ道化師は、悪魔や怪物の姿で描かれると言われています。

2.トランプについて

トランプジョーカーとトランプ

(1)トランプ大統領

アメリカの次期大統領はバイデン氏に99.99%決まりの情勢です。しかしトランプ大統領は潔く敗北を認めず、先日行われた「大統領選挙に不正があった」として法廷闘争を継続する姿勢を崩していませんが、徐々に外堀を埋められつつあるようです。

私から見ると「いかにも往生際が悪い」という印象です。ゴルフでも平気でインチキをするトランプ氏のことですから、「さもありなん」という気もしますが・・・

もはや「王様」たるトランプ氏には「切り札(trump)」はなく、愚か者の「ジョーカー(joker)」たるジョー・バイデン(Joe Biden)氏に引導を渡される日も遠くないことでしょう。

(2)トランプのカード

「トランプ」は、スペード・クラブ・ハート・ダイヤの4種類各13枚の合計52枚セットのカードのことです。1~10までの数字のカードと「ジャック(家来・召使い)」「クイーン(女王)」「キング(王様)」ですが、このほかに1~2枚の「ジョーカー」が入っています。

「ジャック」は王子(プリンス)か人名と思っている人も多いと思いますが、家来・召使いのことです。16世紀半ば頃には、このカードはイングランドでは「ネイヴ(Knave)」(宮廷に仕える男の召使い)として知られており、「ジャック」という言葉も「ネイヴ」を意味するものとして一般に使われていたそうです。

トランプはさまざまなカードゲームに用いられるほか、「占い」や「手品(カードマジック)」の小道具としてもよく使われます。

ところで、英語で「トランプ(trump)」というと「切り札」という意味で、日本語でいう「トランプ」のことは、英語では単に「カード(card)」(またはplaying card)と言います。

(3)トランプの歴史

起源については諸説ありますが、中国で発祥したものがイスラム圏に伝わり、さらにヨーロッパに伝わったとする説が有力です。

日本には16世紀にポルトガルからラテン系のカードが伝来しましたが、明治以降は英米式のカードが普及しています。



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする