誰にでも簡単にできる「頭が良くなる勉強法」や「頭が良くなる生活習慣」とは?

フォローする



頭が良くなる勉強法

古来、人類にとっての究極の夢は「不老不死」です。まあ「不死」は実際には無理としても「不老長寿」の願望はあります。現代でも「アンチエイジング」のサプリメントが人気のあるのはそのためです。

もう一つ、人類にとっての大きな夢は「頭が良くなる」ことです。特に子供を持つお母さんや生徒・学生の切実な願いでもあります。

1.「頭が良くなる」とは

記憶

「頭が良くなる」とは、以下のような能力が高まることだと思います。

(1)記憶力

記憶には「短期記憶」と「長期記憶」があります。

本に書かれていた内容の知識や人の話などを記憶しているのは「長期記憶」です。

テレビで「記憶術の大家」が短時間に大勢の人の顔と名前を記憶するショーや、「メモリースポーツ」で披露されるのは「短期記憶」です。

接客業の女性などが驚くほどお客の顔と名前を覚えていることがありますが、これは「長期記憶」ですが、努力の賜物でしょう。ある会社の秘書の女性達は常日頃から自社の得意先の社長の写真を見て、顔と名前を覚える(忘れない)訓練をしていると聞いたこともあります。

私の勤めていた会社で、営業上の細かい数字(部門別売上高や前年比増減など)を暗記している人がいました。多くの得意先の電話番号を記憶している達人もいました。これなどは数字に強い特別な才能のようにも感じます。

将棋や囲碁では対局後に、再現・検討である「感想戦」が行われますが、これなどは常人には及ばない天才のようなものを感じます。勝負の流れが克明に頭に焼き付いているのでしょう。

(2)理解力

本に書かれてある内容や人の話、世の中の出来事などを正しく把握できる理解力です。

(3)判断力

いろいろな状況・事態に直面して、適切な判断を下せる判断力です。

(4)論理的思考力

感情論に流されたりせずに、冷静に論理的に考えることができる思考力です。

(5)統合力

バラバラに記憶された知識を相互に関連させ総合する統合力です。

(6)洞察力

表面的な現象・事象に惑わされたり他人の意見に左右されたりせず、物事の本質を見極めることができる洞察力です。

(7)予測力

現在の状況を見て、将来起こるであろう事態を正確に見通す予測力です。評論家がよくやる、いくつかのパターンを想定して「保険を掛けたような予測」は信用できません。

(8)説明力

自分の考えを他人に対して(政治家の場合は国民に対して)理解させ、説得できる説明力です。



2.「頭が良くなる」方法

テレビやインターネットでは「DHA」や「EPA」、「アルファGPC」のサプリメントなどが大々的に宣伝されていますが、私は「頭が良くなる」薬やサプリメントの効果は正直言ってよくわかりません。

それよりも「頭を使うこと」が、「頭が良くなる」ための最善の方法だと信じます。お笑いコンビのテツandトモの「何でだろう」というフレーズがありましたが、「なぜだろう」と考える習慣を付けることで頭が良くなると私は思います。

とにかく「思考停止に陥らない」ことです。

昔「ものしり博士」という「子供の質問コーナー」のようなテレビ番組がありました。「何でも考えかんでも知ってなんでもかんでもやってみよう」というケペル博士の言葉は真理だと思います。

これは「哲学」にも通じるものです。

ところで、私は子供の頃、学校で先生から「脳細胞の99%は使われずに眠っている。だからまだまだ使える脳細胞があるのだ」という話を聞いたことがあります。

当時は「そんなものかなあ」と思っていましたが、最近の研究によると、「脳細胞の大部分は使われている」ことがわかったそうです。

この世の中は嘘がいっぱいなので「常識は疑うべき」という好例です。

3.「頭が良くなる」勉強法・生活習慣

(1)7時間程度の質の良い睡眠をとること

私が受験生の頃は、「四当五落」とかいう言葉があって、睡眠時間を4時間ぐらいに削らなければ難関大学には合格できないという話がありました。

しかし、睡眠時間を削るだけが能ではありません。むしろ質の高い睡眠(熟睡)を取ることによって、「脳内の記憶の整理」ができるのです。

皆さんは、朝起きた時に、昨日いろいろ悩んで考えていたことの解決法がひらめいた経験はありませんか?私は何回かあります。これは睡眠中に脳の海馬の中が整理され脳内のゴミが掃除されたからだと思っています。

最近増えている「スマホ認知症」の対処法の「デジタルデトックス」というのがありますが、これも脳内のゴミ掃除という発想です。

(2)適当に体を動かす(運動する)こと

運動をすると、血流が良くなり、頭の働きが活発になります。これはBDNF(脳由来神経栄養因子)という物質が脳神経の発達や機能に働きかけるからです。「散歩」も効果的です。

私も学生時代、何かを記憶したい時には、勉強部屋を歩き回りながら、声に出して記憶した経験があります。じっと机の前に座って、だまって本を見ているだけよりもはるかに覚えやすかったように思います。

(3)常に疑問を持つ癖をつけること

「なぜだろう」という疑問を持つことは、一旦立ち止まって自分の頭で考えることです。学生時代に、意味がよくわからないながらも「丸暗記」する勉強をした方も多いと思います。

しかし、「なぜか?」と疑問を持ち、自分の納得のいくまで答えを探す努力は決して無駄にはなりません。そこから思わぬ派生した知識を得られたり、物事をより深く理解して記憶にも残りやすいということもあるのです。

(4)一定時間の「集中」の後は短時間の「休憩」を取ること

机の前にだらだらと長時間座っていても、決して勉強は捗(はかど)りません。むしろ一定時間(30分とか60分とか自分が全集中できる時間)を決めて、集中して取り組み、短時間(5分とか10分)の休憩をはさむことです。

私は高校2年生の冬休みに、「若年性再発性網膜硝子体出血」という眼の病気(眼底出血)にかかり、長時間本を読むことができなくなりました。

しかしそのおかげで、一定時間集中して勉強し、そのあと短時間の休憩を取る習慣を身につけることができました。

(5)脳の働きに良いと言われる食物をバランスよく摂取すること

①記憶力・集中力を高める「DHA(ドコサヘキサエン酸)」や「EPA(エイコサペンタエン酸)」を多く含むマグロ・ブリ・イワシなどの青魚

②集中力・記憶力を高める「ビタミンB1」を多く含む米・レバー・牛乳など

③記憶力・学習能力を高める「レシチン」を多く含む大豆・卵黄・ピーナツなど

④記憶力・思考力・集中力を高める「テオブロミン」を多く含むチョコレート・ココアなど

⑤記憶力を高める「亜鉛」を多く含む牡蠣・ウナギ・牛肉(もも肉)など

⑥思考能力・集中力を高める「チロシン」を多く含むチーズ・大豆・タケノコなど

いずれにしても「バランスの良い食事が一番」です。

4.「頭が良くなる」薬やサプリメント

人間の脳

「頭が良くなる薬」としては、人間の脳の機能や能力を高めたり、認知能力や記憶力を高めるとされる「スマートドラッグ」があります。

「頭が良くなるサプリメント」としては、「DHA」や「EPA」、「アルファGPC」「プロテオグリカン」「イチョウ葉エキス」「ホスファチジルセリン」のサプリメントなどが売られています。


【期間限定 セール 】オメガ3 DHA EPA α-リノレン酸 サプリ(約6ヶ月分)送料無料 サプリメント サプリ 口コミ DHA EPA 亜麻仁油 アマニ油 脂肪酸 ランキング 低価格 健康食品 ダイエット 健康 オーガランド ネット 通販 福袋 大容量 [半年分] _JD_JH_hanH


アルファGPC(αGPC) 60粒 2本セット【送料無料】


【ポイント最大10倍】【楽天週間ランキング連続1位】北国の恵み(93粒×3袋 約3ヶ月分) 送料無料 プロテオグリカン サプリ サプリメント グルコサミン コンドロイチンやヒアルロン酸と好相性 非変性2型コラーゲン 鮭鼻軟骨成分配合


子供 サプリ ビタミン ≪リラップ relap レモン≫お試し用単品 キッズサプリ 子供用サプリ IQサプリ 勉強 健康 維持 サプリメント ホスファチジルセリン PS こども サプリメント 学力 栄養 集中 栄養補給 チュアブル レモン味 成長 子ども 栄養 サプリ 子供



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする