ギリシャ神話の「オリュンポス12神」以外の女神たち(その1)

フォローする



アステリアー

前にギリシャ神話の「オリュンポス12神」(オリンポス12神)をご紹介しましたが、他にもたくさんの男神・女神たちがいます。

そこで今回はギリシャ神話に登場する女神を50音順にご紹介する1回目です。

原始の神々の系譜

1.ティーターン(ティーターン神族)

(1)ティーターン(ティーターン神族)とは

ティーターン(ティーターン神族)」とは、ギリシャ神話・ローマ神話に登場する神々です。

ウーラノス(天)の王権を簒奪したクロノスをはじめとする「オリュンポスの神々に先行する古の神々」です。巨大な体を持つとされます。

狭義では、「ティーターン12神」(*)(ウーラノスとガイアの間に生まれた12柱の神々の兄弟姉妹)を指しますが、広義ではこれにディオーネーやポルキュースを加える場合もあります。

(*)ティーターン12神(50音順)

イーアペトス・オーケアノス・クレイオス・クロノス・コイオス・テイアー・テーテュース・テミス・ヒュペリーオーン・ポイベー・ムネーモシュネー・レアー

ゼウスが父クロノスに戦いを挑んだ時、ティーターンたちの多くもクロノス側につき、10年にわたる大戦争となりました。この戦争を「ティタノマキア」と言います。

なお、ティーターンは、バルカン半島の地において、インド・ヨーロッパ語族共通の天空神由来のゼウス信仰が確立する以前の古い時代の自然神です。地底に封じ込められており、彼らが時々暴れると地震が起きると信じられていました。

(2)ティーターンに由来する命名の具体例

マツダのトラックにも「タイタン」という名前が付けられていますが、ほかにも有名なものがたくさんあります。

「タイタニック(titanic)」という形容詞には「巨大な」という意味があり、悲劇の豪華客船「タイタニック号」や恐鳥類の「タイタニス」、恐竜「ティタノサウルス」などの名前は「ティーターン(タイタン)」(Titan)由来します。

元素の「チタン(titanium)」も、非常に優れた強靭さと耐久性により命名されました。「土星(Saturn)」の衛星の多くにも、ティーターンに由来する名が付けられています。

ちなみに土星の英語名「サターン」は、「クロノス」(ローマ神話では「サートゥルヌス」)の名に由来します。

1997年のディズニー映画「ヘラクレス」および「バーシー・ジャクソンとオリンポスの神々」シリーズの敵役は「タイタンズ」でした。

ビデオゲームの「ゴッド・オブ・ウォー」シリーズや、1981年の映画「タイタンの戦い」、2010年の映画「タイタンの戦い」、2012年の映画「タイタンの逆襲」でも主役または敵役で登場しています。

2.ア行の女神たち

①アシアー(アシア):オーケアノスとテーテュースの娘。アジアの語源とされる

オーケアノスとテーテュースの娘で、一説にティーターン神族のイーアペトスとの間にアトラース・メノイティオス・プロメーテウス・エピメーテウスを産んだということです。

さらに別の説によれば、アシアーはプロメーテウスの妻で、アジアー(アジア大陸、あるいは小アジア)という地名は、アシアーに由来するということです。

②アステリアー(アステリア):「星座」「星の女」の意味。レートーの姉妹、ヘカテーの母

ティーターン神族のコイオスとポイベーの娘で、レートーとは姉妹です。ペルセースとの間に娘ヘカテーを産みました。

ある時、アステリアーはゼウスに気に入られてしまい、彼から逃れようとしました。逃げ切れないと悟った時、姿を鶉(うずら)に変え、海に身を投げました。

他説では、アステリアーはゼウスに鶉に変えられ、海に投げ捨てられました。そこから島が生まれ、オルテュギアー島と名付けられました。この島は後にゼウスに愛されたレートーがやって来て、アポローンとアルテミスを産み、デーロス島と改名されました。

アステリアー壁面彫刻

③アストライアー(アストラエアー、アストレア):「星乙女」「星の如く輝く者」の意味。正義の女神ディケーと同一視された

一説ではゼウスとテミスの娘ですが、他説では星空の神アストライオスと暁の女神エーオースの娘です。

ホーラ(ホーライ)三女神の一柱で、正義の神格化であるディケー(ローマ神話の正義の女神ユースティティア)と同一視されました。有翼の女性として表されることもあります。

乙女座は、乙女座物語ではデーメーテール、天秤座物語ではアストライアーだとされます。

アストライアー

④アーテー:「破滅」の意味。狂気の神格化

もとは破滅・愚行・妄想を表すギリシャ語で、道徳的判断を失わせ盲目的に行動させる狂気の神格化です。

ホメーロスではエリスの娘、ヘーシオドスではゼウスの娘とされています。

ゼウスが、ペルセウスの最初の子孫に支配権を与えると誓うことで、へーラクレースに権利を与えようとしたところ、エウリュステウスが先に生まれてしまったため、誓言を勧めたアーテーは責任を取らされて、地上のイリオス(トロイ)に落とされ、帰ることを禁じられました。

イリオス・トロイ

こうして、アーテーが人間の間で暮らすことになったため、人間は愚行を繰り返すようになったということです。

⑤アパイアー:森の処女神。アルテミスやブリトマルティスと同一視される

アパイアーは、南ギリシャのアイギーナ島で専ら崇拝されていました。その祭祀はアテーナイにも入り、アテーナイにはアルテミス・アパイアーの神殿がありましたが、本来はアイギーナ島の地方神です。

古代ギリシャの地方神の多くがそうであるように、アパイアーは習合されてアルテミスやクレータ島の女神ブリトマルティスなどと同一視されました。

アパイアー女神神殿

すなわち、クレータ島の女神であるブリトマルティス(クレータ語で「甘美な乙女」の意)が、クレータでミーノース王等に追われてアイギーナ島に逃れました。そこでアルテミス女神の庇護のもと、アパイアーの名で崇拝されたと古代ギリシャの詩人や歴史家が記しています。

また実際に、アイギーナ島には、アパイアー女神の神殿跡が確認されており、往古の姿が復元されています。

アパイアー神殿

ブリトマルティスはアルテミスに庇護された乙女で、アパイアーもまたアルテミスに関係する森の女神であったため、アパイアーはブリトマルティスと同一視され、さらにアルテミスそのものと同一視されるようになりました。

⑥アパテー(アパテ):「欺瞞」「不実」等の意味。またその神格化

アパテーは、欺瞞・不実・失望の擬人化です。

ヘーシオドスの「神統記」によると、夜の女神ニュクスの娘で、モロス・ケール・タナトス・ヒュプノス・オネイロス・モーモス・オイジュス・ヘスペリデス・モイライ・ネメシス・ピロテース・ゲーラス・エリスと兄弟姉妹です。

ローマ神話ではフラウスで、男性神では欺瞞が擬人化されたドロスに相当します。対照的な神はアレテイア(真実)です。

アパテーは、「パンドラーの箱」の中の災いの一つです。

⑦アムピトリーテー(アムピトリテ、アンピトリテ、アンフィトリテ):ポセイドーンの妻。海の女神

アムピトリーテーは、海神ポセイドーンの妻で海の女王です。名前の意味は「大地を取り巻く第三のもの」すなわち海を表します。

聖獣はイルカで、象徴は冠・ヴェール・王笏です。

ローマ神話の海水の女神サラーキアと同一視されます。

アムピトリーテー

⑧イーノー(イノ、レウコテアー、レウコトエー):ディオニューソスの叔母にあたる。人間であったが死後に女神とされた

イーノーは、テーバイの王女として生まれ、後にボイオーティアの王妃となりました。死後ゼウスによって女神とされ、海の女神レウコテアー(「白い女神」の意)あるいはレウコトエーとして信仰されました。

イーノー

⑨イーリス(アイリス、イリス):ティーターン神族の娘。伝令神、虹の神

イーリスは、ギリシャ語で「虹」を意味します。英語では「虹彩」も「iris」と言います。またイーリスの聖花はアヤメ(アイリス)ですが、この名もイーリスに由来します。

天地を結ぶ虹として、疾速で知られ、遠くの土地や海底でも瞬く間に移動することができます。そのためヘルメースがゼウスの腹心の部下であるように、イーリスはヘーラーの忠実な部下として、へーラーの伝令使を務めています。

ただし、「イーリアス」においては、その区別は厳密ではなく、しばしばゼウスのために伝令使として行動しています。

イーリス

⑩エイデュイア(イデュイア):オーケアノスとテーテュースの末娘

エイデュイアは、神々の勧めでコルキス王アイエーテースと結婚し、メーデイアを産みました。

⑪エイレイテュイア:結婚・出産の神

エイレイテュイアは、ゼウスとヘーラーとの間に生まれた娘で、結婚の神でもあるヘーラーの供として、出産と産婦の保護を司ります。

ただし、肉欲はアプロディーテーが、受胎はアルテミスがそれぞれ司っていますので、エイレイテュイアが力を及ぼせるのは子供を出産することに限定されています。

その代わりエイレイテュイアが立ち会わない限り産婦は出産できず、ゼウスの子を身ごもったレートーが臨月を迎えた際に、浮気相手を憎んだヘーラーの言いつけで彼女が行かなかったため、レートーは大変な難産に苦しみました。

その後、他の女神たちから贈り物を渡され説得された彼女は、イーリスに連れられてレートーの出産に立ち会っています。

アルクメーネーがへーラクレースを身ごもった際も、ヘーラーの差し金で出産を妨げました。この時彼女は祭壇に坐して膝を重ね、腕を組み、指を絡ませる呪術を行ったために、アルクメーネーは陣痛が始まってから7日間子供が生まれませんでした。

しかしアルクメーネーの侍女ガリンティアースが機転を利かせ、「アルクメーネーが無事出産した」と叫んだので、驚いたエイレイテュイアは手足を解いて産室に駆け込みました。

こうしてアルクメーネーはへーラクレースとイーピクレースを出産しましたが、侍女ガリンティアースはエイレイテュイアによってイタチに変えられてしまいました。

⑫エウリュノメー(エウリュノメ):オーケアノスとテーテュースの娘

エウリュノメーはギリシャ神話においては女神ですが、キリスト教世界においては「地獄に追放された存在」で、悪魔ともされます。

イギリスの詩人ロバート・グレーヴスによって再構築された原ギリシャ創世神話においては、創造神とされています。

エウリュノメー

なお、ギリシャ神話ではこのほかにも、「ニーソスの娘」「ペーネロペーの乳母」としてエウリュノメーという名前の女性が登場します。

⑬エウリュビアー(エウリュビア):ガイアとポントスの娘

エウリュビアーは、ポセイドーンの支配下の副次的な海の女神で、ネーレウス・タウマース・ポルキュース・ケートーと兄弟姉妹です。

ティーターン神族のクレイオスと結婚して、アストライオス・ペルセース・パラースを産みました。

なお、ギリシャ神話ではこのほかにも、「テスピオスの娘の一人」としてエウリュビアーという名前の女性が登場します。

⑭エーオース(ヘオース、エオス):「暁」の神格化

エーオースという名は、古典ギリシャ語で「暁」を意味し、「暁」の神格化です。

ティーターン神族の系譜に属し、さまざまな恋の物語が彼女をめぐって存在します。聖鳥、聖虫は雄鶏、蝉です。

ティーターン神族のヒュペリーオーンとテイアー女神との間に生まれました。兄弟には同じく自然現象や天体の神格化と言えるへーリオス(太陽)とセレーネー(月)がいます。

エーオースは、同じくティーターン神族のアストライオスとの間で、三柱のアネモイ(風)、すなわちゼピュロス(西風・春風)、ボレアース(北風)、ノトス(南風)、そして全ての星々を産んだとされています。

エーオース

⑮エニューオー(エニュオ):「恐怖」の意味。戦いの女神

エニューオーとしては、「殺戮の女神エニューオー」と「グライアイのエニューオー」の二人が知られています。

エニューオー

「殺戮および戦闘の女神」としてのエニューオーは、エニューアリオス(戦いの神アレースの別名)の女性形で、「不和と争いの女神」エリスと同一視されています。また、ローマ神話のベローナと同一視されています。

しばしば血にまみれ武器を携えた姿で描かれ、アテーナーと並称されるほど強く恐ろしい戦いの女神です。

戦争の神アレースの供として戦場に立ち、残忍なキュドイモス(乱戦)を従えています。アレースの母とも娘とも姉妹ともさまざまに言われてきました。

なお、「グライアイのエニューオー」はポルキュースとケートーの娘であるグライアイ姉妹の一人で、ゴルゴーンの姉妹でもあります。

⑯エリス:不和と争いの神

殺戮の女神エニューオーと同一視され、ローマ神話のディスコルディアに相当します。

ホメーロスの叙事詩「イリアス」では、軍神アーレスの妹とされ、ヘーシオドスの「神統記」では、夜の女神ニュクスが一人で産んだ娘とされています。ヒュギーヌス「神話集」では、ニュクス(夜)とエレボス(闇)の娘にディスコルディア(不和)が生まれたとしています。

戦場では、血と埃にまみれた鎧を着て槍を持ち、火炎の息を吐きます。通常、有翼の女性として描かれます。

エリスは多くの災いの母となり、ポノス(労苦)、レーテー(忘却)、リーモス(飢餓)、アルゴスたち(悲嘆)、ヒュスーミネーたち(戦闘)、マケーたち(戦争)、アンドロクタシアー(殺人)、ネイコスたち(紛争)、プセウドスたち(虚言)、ロゴスたち(空言)、デュスノミアー(不法)、アーテー(破滅)、ホルコス(誓い)を産みました。

エリス

⑰エリーニュス(エリニュス、エリニュエス)(複数形はエリーニュエス):復讐の女神たち

古くは数が不定でしたが、後代の神話でアレークトー(止まない者)・ティーシポネー(殺戮の復讐者)・メガイラ(嫉妬する者)の三柱に整理されました。

親殺しや偽誓の罪に対する「復讐の女神たち」として知られ、オリュンポスの神々とは異なる祭祀を受けました。

神話によればクロノスがウーラノスを襲って去勢した時、ウーラノスの傷口から血が大地母神の上に滴り落ち、そこからエリーニュスとメリアスたちが生まれたということです。メリアス(複数形はメリアデス)は、トネリコのニュムペーです。

エリーニュスは冥府にあるエレボスに住み、頭髪は蛇、頭は犬、身体は炭のように黒く、コウモリの翼を持ち、血走った眼をした老女の姿をしています。手には青銅の鋲のついた鞭を持ち、これで打たれた者はもがき苦しんだ末に死にます。

エリーニュスたちは恐るべき女神で、本当の名前を出すことは憚られるため、「エウメニデス(慈しみの女神たち)」と呼ばれます。

エリーニュス

⑱オイジュス:「苦悩」の神格化

ヘーシオドスの「神統記」によると、夜の女神ニュクスが一人で産んだ子で、モロス(定業)、ケール(死の運命)、タナトス(死)、ヒュプノス(眠り)、オネイロス(夢)、モーモス(非難)、へスぺリスたち、モイラ3姉妹(クロートー・ラケシス・アトロポス)、ネメシス(義憤)、アパテー(欺瞞)、ピロテース(愛欲)、ゲーラス(老い)、エリス(争い)と兄弟姉妹です。



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする