徒然草236段「丹波に出雲といふ所あり」は先入観などに惑わされることの戒め

フォローする



吉田兼好

1.徒然草236段「丹波に出雲といふ所あり」

(1)原文

 丹波たんば出雲いづもと云ふ所あり。大社おほやしろを移して、めでたくつくれり。しだのなにがしとかやしる所なれば、秋のころ聖海上人しやうかいしやうにん、その他も人数多あまたさそひて、「いざ給へ、出雲をがみに。かいもちひ召させん」とて具しもて行きたるに、各々拝みて、ゆゝしく信起したり。

御前おまへなる獅子しし狛犬こまいぬそむきて、うしろさまに立ちたりければ、上人、いみじく感じて、「あなめでたや。この獅子の立ち様、いとめづらし。深きゆゑあらん」と涙ぐみて、「いかに殿原とのばら殊勝しゆしようの事は御覧じとがめずや。無下むげなり」と言へば、各々あやしみて、「まことに他にことなりけり」、「みやこのつとに語らん」など言ふに、上人、なほゆかしがりて、おとなしく、物知りぬべき顔したる神官じんぐわんを呼びて、「この御社みやしろ獅子ししの立てられ様、定めて習ひある事にはべらん。ちとうけたまはらばや」と言はれければ、「その事に候ふ。さがなき童どものつかまつりける、奇怪きくわいに候う事なり」とて、さし寄りて、なほして、にければ、上人の感涙いたづらになりにけり。

(2)現代語訳

京都の亀岡にも出雲がある。出雲大社の分霊を祀った立派な神社だ。志田の何とかという人の領土で、秋になると、「出雲にお参り下さい。そばがきをご馳走します」と言って、聖海上人の他、大勢を連れ出して、めいめい拝み、その信仰心は相当なものだった。

神前にある魔除けの獅子と狛犬が後ろを向いて背中合わせに立っていたので、聖海上人は非常に感動した。「何と素晴らしいお姿か。この獅子の立ち方は尋常ではない。何か深い由縁があるのでしょう」と、ボロボロ泣き出した。「皆さん、この恍惚たるお姿を見て鳥肌が立ちませんか。何も感じないのは非道いです」と言うので、一同も不審に思い、「本当に不思議な獅子狛犬だ」とか、「都に帰って土産話にしよう」などと言い出した。上人は、この獅子狛犬についてもっと詳しく知りたくなった。そこで、年配のいかにも詳しく知っていそうな神主を呼んで、「この神社の獅子の立ち方は、私などには計り知れない由縁があるとお見受けしました。是非教えて下さい」と質問した。神主は、「あの獅子狛犬ですか。近所の悪ガキが悪戯したのですよ。困ったガキどもだ」と言いながら、もとの向きに戻して立ち去った。果たして、聖海上人の涙は無駄になってしまったのだった。

2.徒然草236段の教訓

(1)「思い込み」や「先入観」にとらわれないこと

聖海上人のように、「出雲」という名前の神社は由緒ある有難いものだという「思い込み」や「先入観」があると、獅子狛犬の置き方が間違っているのを見ても、「置き方が間違っている」という正しい認識ができず、「きっと何か由緒があるに違いない」と思ってしまうわけです。

立派な人が間違った発言をしても、「間違った発言」という正しい認識ができず、「何か深い意味があるのではないか?」と「深読み」して見当違いの「珍解釈」をするようなものです。

かつて「在日朝鮮人の北朝鮮への帰国事業」というものがありました。当時北朝鮮は「地上の楽園」と言われ、与野党をはじめマスコミ、文化人などもこの事業を後押ししました。しかし、実態は「地上の楽園」とは正反対の「極度の貧困」でした。

(2)巨匠の名画や名人の俳句などをむやみに有難がらないこと

ピカソの絵画を見て、「幼稚園児の絵のようだ」と評価すると、「あなたはピカソの良さがわかっていない」と言われるのがオチです。

しかし、二次元の絵画に三次元の立体性を持たせようとするキュビズムには、そもそも無理があると私は思います。

ピカソの「ゲルニカ」について、ある美術評論家が過大評価とも思える絶賛をしていましたが、ピカソがそんな深遠な思想でこの絵を描いたとは思えません。妻と愛人との喧嘩を眺めながら描いたという話です。

バブル時代の「絵画取引」では、ゴッホの絵画などに驚くほどの高値が付きました。これは「投機」や「値上がり目当ての欲得ずく」という面はありましたが、冷静に考えればべらぼう過ぎる値段でした。

松尾芭蕉の俳句も、「俳聖芭蕉」 名前から、「古池や蛙飛び込む水の音」などもむやみに有難がる傾向があります。しかしこの句は、実際の情景に接して感興を催して詠んだ句ではなく、ある句会で観念的に詠んだ「言葉遊び」のような句です。

(3)むやみに付和雷同しないこと

エスニックジョーク」で、日本人は他人に同調する傾向があると言われますが、むやみに付和雷同すべきではありません。

人間関係をギクシャクさせないためには、ある程度同調が必要な場面もありますが、そのまま「思考停止」に陥ってしまうのは危険です。

(4)世の中には嘘が多いので、自分の頭で考え、自分の感性を信じること

美談」と言われるものには嘘が多いのが常です。また昔の「偉人の伝記」も嘘が多いものです。

世の中には嘘が多いので、「専門家」などの権威ある人や立場が上の人の言葉を鵜吞みにせず、自分の頭で考え、自分の感性を信じることが大切だと思います。

徒然草236段は、吉田兼好自身への自戒も込めて、このようなことを後世の人々に伝えたかったのではないでしょうか?



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする