腹を立てるのは精神衛生上良くない。一度「深呼吸」すれば気持ちが落ち着く!

フォローする



深呼吸

1.憤懣本舗

「憤懣本舗(ふんまんほんぽ)」というMBSのテレビ番組があります。

これは視聴者から、「日常生活の中で、不満に思うことをぶちまけてもらう」ものです。

番組のコンセプトは、次のようなものです。

最近、頭に来ていることはありませんか?その怒りは、社会問題とつながっているかもしれません。憤懣本舗では様々な怒りにお応えし、反響をいただいています。

「知恵多ければ憤り多し」ということわざもあります。これは旧約聖書の「伝道の書」にある言葉です。確かに、このような気持ちになることも、少なくありません。

しかし、ちょっと待ってください。正当な怒りをぶつけることは間違っていませんが、些細なことで腹を立て、店員に無理難題のクレームを言ったり、土下座させたりというような「行き過ぎ」も起きているようです。

2.腹が立ったら深呼吸が一番

腹の立つことがあったら、一度深呼吸して気持ちを落ち着け、「腹を横に」しましょう。

韓国では「財閥一族」で、「ナッツ姫」の長女、「水かけ姫」の次女、「パワハラと暴言」の母親(父親にも「脱税疑惑」あり)のことが、大々的に報道されましたね。

これは、「財力」「権力」を背景にした「独裁者」のような勝手極まる振る舞いです。

怒りは、相手を不快にさせるだけでなく、言った自分も不愉快な気分になります。また、周りにいる人も不愉快にさせます。

3.暗いと不平を言うよりも、進んであかりをつけましょう

以前ラジオのキリスト教布教番組「心のともしび」で、「暗いと不平を言うよりも、進んであかりをつけましょう」という言葉を聞いたことがあります。

私は、キリスト教徒ではありませんが、良い言葉だと思います。

皆さんも、腹が立ったら、横にしようではありませんか?「サラリーマン川柳」や「シルバー川柳」を作ってみるのも面白いかもしれません。

その方が、精神衛生上もよろしいのではないでしょうか?

なお、「不満」を「実益」に変えようとする人は「不満買取センター」を利用するのも一法かもしれません。