「ツートン(カラー)」の「軽四」が、最近若い女性に大人気!その秘密を探る。

フォローする



ハスラー

昔は、「ツートンカラー」のクルマと言えば、トヨタのクラウンにツートンカラーが多かったくらいで、あまり見かけませんでした。

しかし、最近は「ツートンカラー」(略して「ツートン」)の軽自動車(略して「軽四」)が若い女性に大人気のようです。

最近、軽自動車の人気は非常に高く、軽を含む全登録車の売上ランキング(2019年1~6月)で、ホンダ・N-BOXが1位(約131千台)、スズキ・スペーシアが2位(約89千台)、ダイハツ・タントが3位(約81千台)、日産・デイズが4位(約79千台)で、5位のプリウス(約70千台)を凌駕しています。

1.人気の「ツートン」の「軽四」

(1)ホンダ N-BOX+

外観と実際の生活の中での使いやすさが一体となったボックススタイルで、ツートンカラーだけで9種類のカラーバリエーションがあります。

ラバンやミラココアと比べて落ち着いた印象があるため、幅広い年代層の支持を受けており、新車販売台数がトップです。

荷室が二段になっていて利便性が高い上に、荷室の床がスロープになるので、自転車はもちろん車椅子を乗せることができるので、「福祉車両」としての人気も高く、介護現場でも使われています。

(2)スズキ ハスラー

ももいろクローバーZの出演するCMが印象的で好感が持てます。

あらゆる場面で活躍するデザイン・機能性に優れた軽自動車です。燃費もJC08モードで32.0km/Lと経済的です。

(3)ダイハツ ミラココア

可愛らしくおしゃれな外観・社内で、安全性能も整っており、女性に人気の高いクルマです。

(4)スズキ スペーシア

可愛さと上質感を兼ね備えた軽自動車で、シートアレンジすることでフラットシートにもできます。低燃費を実現するS-エネチャージも搭載しており、JC08モードで32.0km/Lと経済的です。

(5)スズキ ラパン

ボックス型でありながら、可愛らしい丸みを帯びたデザインで、くるりんと丸いヘッドライトも愛嬌があって可愛いです。またヒップポイントが他の車種に比べて高く、運転席から前方の見晴らしもよく運転のしやすさも抜群です。また、クルマのところどころに「ウサギ」(フランス語で「ラパン」)のアクセントが入っているという遊び心もあります。

2.人気の秘密

私のような団塊の世代は、たとえばゴルフに行くのに「軽自動車では格好悪い」という考えが先に立ちますが、若い人、特に若い女性は合理的・実利的に考えるようです。

人気の秘密は次のようなことではないかと私は思います。

(1)自分らしさを出せる

(2)おしゃれ

(3)軽自動車なので購入費も維持費も安く、燃費もよいので経済的

(4)軽自動車なので可愛らしい

(5)軽自動車なので運転しやすい



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする