かばん屋さんがカバンの将来性不安からミニマルホテルを開業した逆転の発想が面白い

フォローする



林五ホテル玄関

バッグの林五(本社:大阪市)が、2019年6月に東京・浅草橋にカフェを併設した簡易ホテル「カフェ・アンド・ミニマルホテル・アワアワ」(CAFE/MINIMAL HOTEL OUR OUR)を開業しました。

1.「カフェ・アンド・ミニマルホテル・アワアワ」とは

これは同社の東京支社として使っていたビルを改装したものです。

1~5階を使用し、1階がカフェと物販、2~4階が宿泊スペースで、5階はシャワーと風呂です。2階は女性専用で、そのほかは男女兼用。個室やグループで泊まれる部屋もあります。

5階の大きな「ヒノキ風呂」からは、外のボタニカルガーデンが眺められます。

ヒノキぶろ

ベッド数は80床で、午後2時間から利用できる「デイユース」や「ランニングステーション」として、風呂やシャワーを使えるメニューも用意しています。

価格は朝食付きで4000円、個室は1万2千円からとなっています。

訪日外国人観光客や、平日の朝にジョギングを楽しむビジネスパーソンなどに人気が出そうなホテルです。

「最先端のカルチャーと洗練された日本の美が集まっている」「最も新しいスタイルのホテルが下町にあった」として、雑誌「Hanako」の「よくばる夏の旅2019」にも紹介されました。

2.かばん屋さんがミニマルホテルを開業した理由

ところで、なぜかばん屋さんがミニマルホテルを開業したのか、疑問に思う人も多いのではないでしょうか?私もその一人です。

(株)林五にの担当者は次のようにコメントしています。

当社はこれまでかばんという”モノ”を通して旅行業界に携わってきたが、”モノ”を売るのではなく”サービス(=コト)”を売る時代へと変わっていく流れのなか、来年の創業130年という節目に向けてホテル事業に参入し、”コト”の提案として新たな旅のプラットフォームを構築することを目指す

確かに、携帯電話・スマホが小型化し、紙幣がキャッシュレス決済となり、書類や本がデジタル化・電子化する中で、人の持ち物が減り、カバンが不要になる時代が来るという「カバンの将来性への不安」を逆手に取る「逆転の発想」でホテル事業に参入したようです。

また、「カバンー旅行ー旅行者ーホテル」という連想によるホテル事業参入も面白いと思います。

畑違いの「武士の商法」ではなく、現在の時代の変化やニーズ(外国人観光客の激増、ジャポニスム、ジョギング愛好家の増加など)をうまく取り込んでいるように見えます。



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする