「光宗薫」(元AKB)が1年ぶりにツイッター更新し、体調や今後の活動を報告!「プレバト」での活躍も期待!

フォローする



光宗薫水彩画

心身不調で活動休止中だった元AKBの光宗薫(みつむね かおる)さんが、約1年振りにツイッターを更新したとのニュースが入ってきました。

今後については、「展示などで自身でも動いてゆくつもりです」とし、芸能活動は事務所と相談しながら考えて行くそうです。続けて、来年1月からボールペン画の個展を開催することを発表。ポスター画像などを公開しているそうです。

AKBや乃木坂46などのファンは若い男性が大半だと思いますが、中には中年のオタクもおられるようです。しかし私は、団塊世代の普通のおじさんなので、あまり詳しくありません。

ただ、浜田雅功さんがMCを務めるテレビ番組「プレバト」を見ていて、その水彩画部門で彼女が玄人はだしの絵画の才能を発揮していたので、初めてその存在を知った次第です。

光宗 薫さんは、美術大学出身かと思うくらい、素人離れした絵を書きます。色彩感覚とか遠近法とか構図の取り方とか見ても、そう感じられます。

しかし、彼女の絵や水彩画の才能は、完全に独学によるものだそうです。持って生まれた絵の素質があったということでしょうか?

同じプレバトの「陶芸」部門でも過去に1位を獲得した実績があります。水彩画・陶芸ともに、彼女の今後の活躍が楽しみです。

2017年9月に「10代の頃から、摂食障害、強迫的な症状に悩んでおり、一時的に拘束してもらわなければ生活が儘ならない状態を繰り返しています」と活動に支障が出ている状況であることを告白し、同年10月から活動休止に入っていたそうです。AKBには2011年12月に加入したものの、2012年10月からは活動を辞退していたとのことです。

私は、今回のニュースで初めて彼女がAKBを辞めた経緯や、心身不調に苦しんでいることを知りました。

そういう状況の時は、静かにゆっくりと自分を見つめ直して、好きな絵画や陶芸などの「芸術活動」に取り組むのは大変良いことだと思います。一見華やかな芸能界も、その中に入ると、大変忙しい上に、気苦労も並大抵ではなかったのではないかと同情します。

彼女のこれからの「芸術活動」(「芸能活動」ではなくて)に大いに期待したいと思います。