吉田優利はプラチナ世代の女子プロゴルファー。超可愛い画像も紹介します!

フォローする



吉田優利

<2022/11/27追記>吉田優利は「リコーカップ」首位と4打差で、惜しくも4位タイ。

22歳の吉田優利(優勝回数2回)は、全米女子プロゴルフ公式戦で日本で唯一開催される「TOTOジャパンクラシック」(2022年11月3日~6日)で、通算11アンダーで、8位タイに入りました。

ほっこりする笑顔が可愛い吉田優利ですが、賞金ランキング6位メルセデスランキング6位の「プラチナ世代(ミレニアム世代)」の実力者で、今シーズンのバーディー数はツアー1位です。

2020年の新型コロナウイルスの流行をきっかけに、ゴルフは「密にならずに楽しめるスポーツ」ということで人気になりました。ゴルフ練習場やゴルフ場で若い人たちの姿を見かける機会が明らかに増えました。その勢いは2022年もとどまることを知らず、むしろ加速しているように感じます。

かつては「オジサンのスポーツ」と言われ、若い世代には敬遠されていましたが、今はむしろ「オシャレなスポーツ」として若者たちや女性からも支持されています最近の日本人の若手女子プロゴルファーの活躍もその一因ではないかと私は思います。

2019年8月4日、「黄金世代」と呼ばれる若手女子ゴルファーの一人の渋野日向子(当時20)が、「全英女子オープンゴルフ」に優勝しました。

これをきっかけに、日本の女子プロゴルフ界に宮里藍以来のフォローの風が再び吹き始めたようです。それまでは韓国勢に圧倒されっぱなしで、毎週のように韓国人選手に優勝をさらわれていましたが、2020年~21年からは明らかに日本人の女子プロゴルファーの活躍が目覚ましいものになってきました。

現在女子プロゴルフ界では、小祝さくら・渋野日向子・原英莉花・勝みなみ・新垣比菜・淺井咲希・河本結大里桃子などの「黄金世代(1998年4月2日~1999年4月1日生まれ)」や古江彩佳澁澤莉絵留西村優菜・安田祐香・吉田優利などの「プラチナ世代(ミレニアム世代)(2000年4月2日~2001年4月1日生まれ)」と呼ばれる20代前半の選手が大活躍するようになって来ました。

さらにその下の世代の山下美夢有・笹生優花・西郷真央などの有望選手は「第三世代」あるいは「新世紀世代」と呼ばれ始めています。

これについては「女子プロゴルフが再び面白い!黄金世代・プラチナ世代・新世紀世代が大活躍」「女子ゴルフ賞金ランキング争いは熾烈!シード権争いはメルセデスランキング。」という記事に詳しく書いていますので、ぜひご覧ください。

そこで今回は、「プラチナ世代」の一人で人気のある吉田優利についてご紹介したいと思います。

1.吉田優利の超可愛い画像

吉田優利

吉田優利

吉田優利

吉田優利

吉田優利吉田優利

吉田優利吉田優利

吉田優利吉田優利

吉田優利

吉田優利私服吉田優利吉田優利

2.吉田優利とは

吉田優利(よしだ ゆうり)(2000年4月17日~  )は、千葉県市川市出身。身長158cm、体重58kg。血液型O型。家族は両親と弟・妹。所属はエプソン。辻村明志に師事。日本ウェルネススポーツ大学在学中。趣味はお菓子作りだそうです。

彼女の3歳下の妹・吉田鈴(りん)選手も将来有望なゴルフ選手です。市川市立第三中学校を卒業後、現在は千葉黎明高校に通っています。吉田鈴(りん)選手がゴルフを始めたきっかけは、お姉さんだそうです。

吉田優利と妹の鈴

好きな男性のタイプについては、「超清楚系、ですかね。爽やかな人が好きですね。チャライとか、イケイケな人は、苦手です。きちんと挨拶することが格好悪いと思っているような人も、ちょっと……。好みではありません」と話しています。タレントでいうと坂口健太郎さんのような男性が好きなのだそうです。

幼稚園の頃からフットベースボールをやっていて、10歳の頃、父親(現在都内で居酒屋を経営)にゴルフ練習場へ連れて行かれゴルフを始めています。

(1)アマチュア時代

ゴルフを始めて半年の頃コースデビューしスコアは102で、その頃からコーチを付けて練習するようになりました。

ゴルフ部のある中高一貫校の麗澤中学校・高等学校に進み、ゴルフ部に入部。1学年下に後にプロテストに同時合格する西郷真央(「第三世代(新世紀世代)」)がいました。

中学校在学時の2014年10月、「NOBUTA GROUPマスターズGCレディース」にプロツアー初出場し予選落ち。

2017年、「世界ジュニアゴルフ選手権」で平岡瑠依と出場した女子団体で台湾に次ぐ2位

2018年、「日本女子アマチュアゴルフ選手権競技」で2位の上野菜々子に1打差、吉本ここね、西村優菜、安田祐香、ミレニアム世代らを抑えて優勝

日本ジュニアゴルフ選手権競技」女子15歳~17歳の部でも2位の政田夢乃に1打差、澁澤莉絵留、安田祐香らを抑えて優勝

世界女子アマチュアチーム選手権」では安田祐香、西村優菜と出場し、団体2位

2019年、「ワールドレディスチャンピオンシップ」では優勝した渋野日向子らと最終日最終組を経験。「全米女子オープン」に初出場するも8オーバーの108位で予選落ち

大学1年生だった同年秋の日本女子プロゴルフ協会(JLPGA)プロテストに挑戦し、通算2アンダーの12位タイで合格しました。

(2)プロ入り後

①2020~2021年

2021年、「KKT杯バンテリンレディスオープン」で4位タイとなり、プロ入り後初のトップ10入り。

新規大会の「楽天スーパーレディース」では最終日に8バーディーを奪う猛チャージで通算18アンダー、2位タイの高橋彩華と比嘉真美子に3打差をつけてツアー初優勝

その後、9月の「ゴルフ5レディスプロゴルフトーナメント」では最終日に65(7アンダー)で回り、14アンダーで並んだ岡山絵里とのプレーオフに持ち込み、プレーオフ2ホール目で彼女がパー、岡山がボギーとなって逆転勝ちでツアー2勝目を挙げました。

②2022年シーズン

4月「KKT杯バンテリンレディスオープン」にて最終日18ホールを終わった段階でクラブハウスリーダーで後続の結果を待機、植竹希望、西村優菜、小倉彩愛と8アンダーで並んで4人のプレーオフになり、1ホール目で西村が脱落、2ホール目で小倉も脱落して最終的には植竹と一騎打ちの形になり2時間近い死闘の末に迎えた6ホール目に植竹がバーディーを奪って惜しくも優勝を逃しました。



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする