西村優菜はプラチナ世代の女子プロゴルファー。超可愛い画像も紹介します!

フォローする



西村優菜

<2022/11/27追記>西村優菜は「リコーカップ」首位と4打差で、惜しくも4位タイ。

22歳の西村優菜(優勝回数6回)は、全米女子プロゴルフ公式戦で日本で唯一開催される「TOTOジャパンクラシック」(2022年11月3日~6日)で、通算13アンダーで、4位に入りました。日本人では2位の永井花奈に次ぐ順位です。

爽やかな笑顔が可愛い西村優菜ですが、賞金ランキング2位メルセデスランキング4位の「プラチナ世代(ミレニアム世代)」の実力者です。

2020年の新型コロナウイルスの流行をきっかけに、ゴルフは「密にならずに楽しめるスポーツ」ということで人気になりました。ゴルフ練習場やゴルフ場で若い人たちの姿を見かける機会が明らかに増えました。その勢いは2022年もとどまることを知らず、むしろ加速しているように感じます。

かつては「オジサンのスポーツ」と言われ、若い世代には敬遠されていましたが、今はむしろ「オシャレなスポーツ」として若者たちや女性からも支持されています最近の日本人の若手女子プロゴルファーの活躍もその一因ではないかと私は思います。

2019年8月4日、「黄金世代」と呼ばれる若手女子ゴルファーの一人の渋野日向子(当時20)が、「全英女子オープンゴルフ」に優勝しました。

これをきっかけに、日本の女子プロゴルフ界に宮里藍以来のフォローの風が再び吹き始めたようです。それまでは韓国勢に圧倒されっぱなしで、毎週のように韓国人選手に優勝をさらわれていましたが、2020年~21年からは明らかに日本人の女子プロゴルファーの活躍が目覚ましいものになってきました。

現在女子プロゴルフ界では、小祝さくら・渋野日向子・原英莉花・勝みなみ・新垣比菜・淺井咲希・河本結大里桃子などの「黄金世代(1998年4月2日~1999年4月1日生まれ)」や古江彩佳澁澤莉絵留西村優菜・安田祐香・吉田優利などの「プラチナ世代(ミレニアム世代)(2000年4月2日~2001年4月1日生まれ)」と呼ばれる20代前半の選手が大活躍するようになって来ました。

さらにその下の世代の山下美夢有・笹生優花・西郷真央などの有望選手は「第三世代」あるいは「新世紀世代」と呼ばれ始めています。

これについては「女子プロゴルフが再び面白い!黄金世代・プラチナ世代・新世紀世代が大活躍」「女子ゴルフ賞金ランキング争いは熾烈!シード権争いはメルセデスランキング。」という記事に詳しく書いていますので、ぜひご覧ください。

そこで今回は、「プラチナ世代(ミレニアム世代)」の一人で人気のある西村優菜についてご紹介したいと思います。

1.西村優菜の超可愛い画像

西村優菜

西村優菜

西村優菜

西村優菜

西村優菜西村優菜

西村優菜西村優菜

西村優菜

西村優菜

西村優菜

西村優菜

西村優菜西村優菜私服西村優菜

2.西村優菜とは

西村 優菜(にしむら ゆな)(2000年8月4日~  )は、大阪府堺市出身。身長150cm、体重50kg。血液型O型。スターツコーポレーション所属。マネジメントはJOINT ONE

ニックネームは「ゆなぱん」で、「プラチナ世代(ミレニアム世代)」の中心的選手のひとりです。趣味は音楽鑑賞・スポーツ観戦だそうです。

父親がゴルフ好きだった影響で5歳でクラブを初めて手にし、小学校1年の時には公式試合に出場していたそうです

ゴルフに打ち込むきっかけになったのは7歳のときに女子プロゴルフトーナメントの「サントリーレディスオープン」を観戦した際に宮里藍からボールを貰ったことでした

(1)アマチュア時代

小学校6年の時に男子に混じって出場した「TOMAS CUP 2012 フジサンケイジュニアゴルフ選手権大会」で優勝。中学校進学後の2014年から『ゴルフアカデミー中島』で中島 敏雅プロを師事し本格的にプロを目指します。

「全国中学校ゴルフ選手権大会」(山口県・宇部72カントリークラブ)個人戦では5位入賞。ちなみに中学校時代は東京オリンピックサッカー日本代表選手の谷晃生(湘南ベルマーレ)と3年間同じクラスだったそうです。

2016年、大阪商業大学高等学校進学後に出場した「全日本女子パブリックアマチュアゴルフ選手権」(兵庫県・西神戸ゴルフ場)では安田祐香、稲見萌寧、古江彩佳などを退けて優勝。同年の「第49回日本女子オープンゴルフ選手権競技」(栃木県・烏山城カントリークラブ)ではプロに混じって6位タイ入賞を果たしています。

これが日本ゴルフ協会の目に留まり、2017年からアマチュアナショナルチーム入りすることとなりました。

2017年、「第72回国民体育大会ゴルフ競技」(愛媛県・エリエールゴルフクラブ松山)では大阪府チームのメンバーとして出場し、団体戦・個人戦ともに優勝を果たしています。

2018年、ナショナルチームメンバーとして「トヨタジュニアゴルフワールドカップ2018」に出場、安田祐香、古江彩佳、(プラチナ世代)とのトリオで団体戦で優勝、個人戦では優勝した安田に次いで3位入賞という好成績を挙げました。

同年はまた「世界女子アマチュアゴルフチーム選手権」(アイルランド)に安田祐香・吉田優利とのトリオで出場、準優勝しました。

2019年、高校卒業時に出場した「リバーズデールカップ(オーストラリア・リバーズデール)では日本人選手初優勝を果たしています。高校卒業後はプロ入りを決意し、6月にアマチュア最後に出場した「日本女子アマチュアゴルフ選手権競技」(エリエールゴルフクラブ松山)では、シード選手ながら7位タイで終わりました。 優勝は「第三世代(新世紀世代)」の西郷真央でした。

11月の最終テストに進出すると最終日に10位タイから浮上し、2位でプロテスト合格を果たしました。そして2020年シーズンのJLPGAツアー出場権を争うQTファイナルステージでは48位で迎えた最終日にチャージを見せて67を出し、21位に入って2020年シーズン前半戦のツアー出場権を確保しました。

2020年1月1日付で正式に日本女子プロゴルフ協会に入会(登録)し、名実共にプロゴルファーとなりました。

(2)プロ入り後

プロ1年目シーズンは、「樋口久子 三菱電機レディス」において最終日に首位でスタートした勝みなみとの6打差をひっくり返す大逆転勝ちでのプロ初優勝を飾りました。

12月LPGA米メジャー出場

2021年3月1日付でスターツコーポレーション所属となりました。

同年5月の国内メジャー大会「ワールドレディスチャンピオンシップ」(茨城ゴルフ倶楽部・東コース)に於いて最終日2位からスコアを伸ばし、レクシー・トンプソン(アメリカ)が2016年の同大会で優勝した時の13アンダーを更新する14アンダーのトーナメントレコードでのメジャー大会初制覇となるツアー2勝目を挙げました。

またこの優勝により2022年シーズンから3年間のシード権を獲得しました。ワールドレディスの後は勝ち星が挙げられずにいましたが、9月の「住友生命Vitalityレディス 東海クラシック」では雨天による短縮が入ったために2日間36ホールでの競技となりましたが、初日の15位から一気の大まくりで63のスコアを出し、首位との5打差をひっくり返す逆転劇でのツアー3勝目を挙げました。

その翌週の「ミヤギテレビ杯ダンロップ女子オープンゴルフトーナメント」では初日に首位でスタートし、最終日まで守り抜くと共に、通算15アンダーのトーナメントレコードをマークしてプロ初となる2週連続優勝を3日間トップでの完全優勝でツアー4勝目を挙げました。

この年は賞金ランキング5位、メルセデスランキング4位の成績で次年度シード権を獲得しました。

2022年シーズンは開幕戦の「ダイキンオーキッド」、「KKT杯バンテリンレディスオープン」などでの優勝争いはありましたが、なかなか結果が出ないままに迎えた6月の「ニチレイレディス」で森田遥との優勝争いを制し、史上12人目のボギーなし、大会新記録の17アンダーでシーズン初優勝となるツアー5勝目を挙げました。

6月最終週27日のロレックス世界ランキングで50位以内(38位)に入り米メジャー(欧州)2戦の出場権を獲得しました。LPGA米メジャーと欧州メジャー2連戦前の日本国内の試合となった「ニッポンハムレディスクラシック」では、初日の8番ホールでホールインワンを達成して勢いに乗り、首位で迎えた最終日も追いすがる野澤真央を振り切って今季2勝目(ツアー6勝目)を挙げました。



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする