源明子とは?藤原道長の妾妻で、嫡妻の源倫子に対して鬱屈した気持ちがあった!

フォローする



源明子

2024年NHK大河ドラマは「源氏物語」の作者である紫式部が主人公でそのパトロンでもあった藤原道長とのラブストーリーも含む「光る君へ」(主演・吉高由里子 作・大石 静)です。

2020年の「麒麟がくる」、2021年の「青天を衝け」、2022年の「鎌倉殿の13人」、2023年の「どうする家康」と力作・話題作が続くNHK大河ドラマですが、2024年の「光る君へ」も楽しみですね。

なお「源氏物語」と紫式部については「紫式部はなぜ源氏物語を書いたのか?藤原道長との不倫の真相は?」「紫式部とは?NHK大河ドラマ「光る君へ」の主人公の生涯と人物像に迫る。」という記事に、また光源氏のモデルとされる8人については、「光源氏のモデル・源 融とは?イケメンで光源氏のモデルの最有力候補。」など8回に分けて記事に書いていますので、ぜひご覧ください。

前に次のような記事を書きました。

藤原頼忠とは?天皇と外戚関係がないのが弱味。娘の遵子は素腹の后と揶揄された!

藤原穆子とは?藤原道長の才能を見抜き、夫の反対を押し切って娘の倫子と道長の結婚を認めた!

源雅信とは?娘の倫子が道長の正室となるが、最初は出世が望み薄と猛反対した!

源俊賢とは?藤原道長に接近し摂関政治を支えた能吏で、一条朝の四納言の一人。

藤原行成とは?一条天皇と道長に頼られた実務能力抜群の公卿で、「三蹟の一人」の能書家!

藤原斉信とは?道長が出世し始めると変わり身の早さを見せ、腹心としての地位を築いた!

藤原文範とは?まひろ(紫式部)の母方の曽祖父で、大雲寺を創建した公卿。

藤原実資とは?小野宮流の祖で、道長の「この世をば」の歌を後世に広めた秀才官僚!

藤原顕光とは?無能者扱いされたが、死後は怨霊「悪霊左府」として藤原道長一族から恐れられた!

平惟仲とは?地方出身ながら勉学で磨いた才覚を武器に中央政界を渡り歩き、従二位・中納言にまで昇り詰めた!

源明子とは?藤原道長の妾妻で、嫡妻の源倫子に対して鬱屈した気持ちがあった!

藤原義懐とは?花山天皇の叔父として出世するも、一夜で権力を失い出家した!

藤原為光とは?花山天皇の女御となった忯子の父で、娘の早すぎる死を悼んで法住寺を建立!

源重信とは?恋愛は不得手だが、愛敬があり人懐っこい性格。平等院は元は彼の別荘だった!

藤原忯子とは?花山天皇の女御で、寵愛を受けて懐妊するも17歳で急逝し、天皇出家の引き金となった!

藤原遵子とは?円融天皇の皇后だが、子がないため「素腹の后」と呼ばれた!

藤原道兼とは?容貌醜く、剛腹で片意地・偏執的な性格で、花山天皇を欺き出家・退位させた!

藤原公任とは?「三舟の才」の誉れを得た多才博識を誇るが、道長全盛期には道長に迎合。

円融天皇とは?藤原氏の内紛に翻弄され、26歳で退位した中継ぎの天皇だが「院政」を意識していた!?

ところで、源明子は紫式部とどのような関わりがあり、どんな人物だったのかも気になりますよね。

2024年NHK大河ドラマ「光る君へ」では、瀧内 公美(たきうち くみ)さんが演じます。

そこで今回は、源明子の生涯と人物像に迫ってみたいと思います。

藤原道長・家系図

1.源明子とは

源 明子(みなもと の めいし/あきらけいこ)(975年? ~1049年)は、左大臣源高明の娘で、母は藤原師輔娘の愛宮です。藤原道長のもう一人の妻です。同母弟に経房がいます。

2.源明子の生涯

安和の変」(*)による父の失脚後叔父盛明親王(醍醐天皇の第15皇子)の養女となりました。

(*)969年(安和2年)に起きた藤原氏による他氏排斥事件です。源満仲らの謀反の密告により左大臣源高明が失脚させられました。以後、摂政・関白が常設されることとなりました。

986年、盛明親王が没すると、藤原兼家の娘で一条天皇の母である藤原詮子(東三条院)の庇護を受けました。この頃、東三条邸(東三条殿)に住んでいた源明子のもとに、藤原詮子の弟・藤原道長が通うようになりました。

そして、源明子は藤原道長と結婚すると、高松に住んだため高松殿と呼ばれるようになりました。

子女には頼宗、顕信、能信、寛子(小一条院女御)、尊子(源師房室)、長家の6人がいます。

通説では、道長が源倫子と結婚した翌年の永延2年(988年)に明子と結婚したとされていますが、近年では倫子と結婚する以前に既に明子と結婚していたという説が出されています

しかし、倫子の父・源雅信は当時現職の一上であり、かつ道長を自分の土御門殿に居住させたことにより倫子が「嫡妻」とみなされ、明子は「妾妻」とみなされていました(『小右記』長和元年6月29日条)。

倫子道長の最初の妻であると同時に当時の現職大臣の娘で道長の出世への助けになったのに対し、明子父源高明はかつての権力者ながらもすでに故人で、しかも安和の変で流罪になった人物でした。

そのため、倫子の生んだ子供たちは嫡子扱いを受けて目覚しい昇進を遂げたのに対して、明子の生んだ子供たちはそれより下の出世に限定され、娘も入内して中宮・皇后に序されることはありませんでした

嫡妻(正妻)倫子のように正式な婚儀は行われず、公的な場で夫道長と行動を共にすることはありませんでした。倫子に対しては相当鬱屈した気持ちを持っていたことでしょう。

それでも明子の子供達は嫡兄・藤原頼通と協調して自己の出世を図ろうとしましたが、能信のみはそれを拒絶し公然と頼通と口論して父道長の怒りを買うことすらあったということです。

能信は即位前の後三条天皇を強く庇護し、その後の院政による摂関政治凋落に繋がっていきます。

尊子の孫娘藤原賢子は白河天皇の寵妃として堀河天皇の国母となりました。また頼宗の孫娘藤原全子が頼通の孫藤原師通(尊子の孫でもある)に嫁いで嫡男忠実を生みました。そのため女系ながらも、明子の血筋は皇族、および五摂家に繋がっています

長家からは御子左家として俊成・定家らが出て、冷泉家として今日まで続いています。また俊成の師にして古今伝授の祖たる藤原基俊は頼宗の孫であり、子の血筋は文化的にも大きな役割を果たしました

3.源明子の人物像

道長が失脚を計った東宮敦明親王(小一条院)を娘寛子の婿として迎え、共に桟敷見物をするなど、両者の緩衝として重要な役割を果たしました。娘の寛子に続いて息子の顕信も早くに亡くし、「度々気を失ふ」悲しみようであったということです。出家後の動向は不明です。

なお、その他の登場人物については「NHK大河ドラマ「光る君へ」の主な登場人物・キャストと相関関係をわかりやすく紹介」に書いていますのでぜひご覧ください。