大坂なおみさんの「コーチ解任騒動」と「元コーチによる提訴」について思うこと

サーシャ・バイン

サーシャ・バインコーチのもとで、全米・全豪とグランドスラム2連勝を飾り、世界ランク1位に上り詰めた大坂なおみさんが、サーシャ・バインコーチを解任したというニュースは世界に衝撃を与えました。

彼女がその理由を明らかにしなかったことと、その後の不振がさらに憶測を呼ぶ結果となったようです。

さらに、今度はジュニア時代にテニスの指導を受けた「元コーチ」のクリストフ・ジーン氏から、「獲得賞金の20%を永久に支払う契約書がある」として、2億円の支払いを求める訴訟を起こされたとのニュースがありました。


女子テニス新時代大坂なおみSpecial 世界を驚かせた大阪のパワーとポテンシャルを徹底解析 (TJ MOOK)

1.コーチ解任騒動

サーシャ・バインコーチは、試合の合間に彼女のもとに駆け寄って、「メンタル面でのアドバイス」をしている姿をテレビでたびたび目撃しました。

彼女は実力があるのに、プレーが思うようにいかないと、苛立って自滅する悪い癖があったようですが、サーシャ・バインコーチはそれをうまくカバーして、立ち直らせグランドスラム2連勝・世界ランク1位に導いた功労者であることは疑う余地がありません。

しかし、彼女は以前から、彼の「技術面の指導」については不信感を持っていたようで、もっと高度な技術面の指導ができるコーチを求める気持ちがあったようです。

確かに彼は、セリーナ・ウィリアムズやキャロライン・ウォズニアッキの「ヒッティング・パートナー」(練習相手)を務めたことはありますが、「本格的なコーチ」は大坂なおみさんが初めてだそうです。

そんな状況の中で、サーシャ・バインコーチから「コーチ料の倍増」を要求されたため、「解任」に至ったという噂もあります。しかし、公式には何も発表されていません。

「解任」後の不振は、世界ランク1位になった後のマスコミの追っかけや、対戦相手によって弱点が研究され始めたことのほか、このような騒動による心労も影響しているかも知れません。

2.元コーチによる提訴

彼女がジュニア時代の数年間指導を受けた「元コーチ」のクリストフ・ジーン氏は、当時彼女の父親が「コーチ料が払えない」と言ったので、「将来獲得する賞金の20%を支払う」という「出世払いの契約書」を結んだと主張し、彼女の側がこれを受け入れなかったため、提訴したとのことです。

しかし、彼女の弁護士によれば、この契約書は「月日だけで年の記入がない」「架空の契約書」で、彼女がサインした覚えもなく、「姉妹のサインが同一筆跡」であり、ばかげた訴えだと話しています。

確かに「将来獲得する賞金の20%を、ジュニア時代に数年間指導しただけのコーチに永久に支払う契約」など、もし父親が本当にその当時サインしたのだとしても、「公序良俗に反する」「たかり」のような契約だと私は思います。

裁判所は「公正な判断」を下すと思われますが、それにつけてもお金が入ると「蟻が砂糖に群がる」ように、人が集まってくることをまざまざと示す実例です。

「高額の宝くじに当たる」と、どこから情報が洩れるのか、「寄付の依頼が急に増える」という話も聞いたことがあります。

またそういう「たかり」に遭わないまでも、急に大金を手にすると「人生が狂う」という話も聞きます。もし、心当たりのある方がおられましたら、十分ご用心ください。

3.大坂なおみさんの今後の課題

今後は、新しいコーチのジャーメイン・ジェンキンス氏のもとで、再び明るい笑顔で活躍してほしいものです。

ただそういう期待とは裏腹に、その後の彼女の試合を見ていると、ミスすると「キレる場面」や「ラケットをコートにたたきつける場面」をたびたび目撃します。このような行為は、錦織圭選手にも時々見られますが、見苦しく観客にとっても気分のよいものではありません。

道具を大切に扱うイチロー選手と対照的です。「道具に当たってどうするんだ!?」と言いたいところです。せっかくサーシャ・バインコーチから「メンタル面の強化」の指導を受けていたはずなのに「元の木阿弥」かと失望してしまいます。

新しいジャーメイン・ジェンキンスコーチもバインコーチと同じように、彼女のそばに駆け寄って「メンタル面のアドバイス」をしている姿がテレビで放映されていました。

素人考えかも知れませんが、今の彼女に必要なのは、高度な技術面のコーチよりもバインコーチのようなメンタル面のコーチのような気がします。

それと、このスランプを克服するためには、最終的には彼女自身が変わる(大人になる)ことが必要だと思います。ゴルフの宮里藍選手も言っていましたが、メンタル面の強化は一流アスリートが避けて通れない課題です。