電通のコピーライター橋口幸生氏の「言葉ダイエット」という本をご紹介します!

フォローする



橋口幸生

「コピーライター」と言えば、私のような団塊世代には糸井重里氏(1948年~ )の名前がまず頭に浮かびます。ちなみに奥さんは、私の好きな女優の樋口可南子さんです。

彼のキャッチコピーには次のようなものがありました。

「君にクラクラ。」(カネボウ化粧品)「くうねるあそぶ。」(日産自動車・セフィーロ)「ロマンチックが、したいなぁ。」(サントリー・レッド)

1.橋口幸生氏の「言葉ダイエット」

ところで、最近電通の名物コピーライターの橋口幸生氏が「言葉ダイエット メール、企画書、就職活動が変わる最強の文章術」という面白い本を出版しました。

今回はこの「言葉ダイエット」という本の内容をご紹介します。コンセプトは「ダラダラ文章にサヨナラ、修飾語オフで文章筋肉質に」ということのようです。

2.書くこととは

彼は「書くこととは、書き連ねることより『消すこと』である」と説いています。

これは、「相手は自分の文章が読みたくない」という前提で考えると納得の行く話です。

3.「言葉ダイエット」でのNG事項

(1)抽象的な表現はNG

(2)修飾語の乱発はNG

(3)カタカナ語はNG

(4)重複表現はNG

(5)過剰な敬語はNG

(6)用語の定義は正確に、あいまいはNG

(7)「この」「その」連発はNG

(8)記号の使い方は統一を

(9)読点の連発はNG

(10)文末表現の重複はNG

4.「言葉ダイエット」で注意すべきポイント

(1)一つの文は40字以内にすること

(2)一つの文に発見を入れること

①客観的な発見:データやファクツ

②主観的な発見:自己の経験などに基づくもの

5.「言葉ダイエット」の手順

(1)広げる

(2)分ける

(3)選ぶ

(4)仕上げる

確かに、書店にあふれる沢山の本を立ち読みしていると、「結論として何を言いたいのかさっぱりわからない本」や「大予測と銘打ちながら、曖昧な予測に終始している本」などがやたらに目につきます。

「結論として何を言いたいのかさっぱりわからない本」の著者は、多分自分でも結論がよくわからないのだと思います。「大予測と銘打ちながら、曖昧な予測に終始している本」は、いろいろな可能性を挙げて、前提条件が狂えば予測は外れることの予防線を張って「予測が外れた場合の批判をかわせる保険をかけている」ように見えます。

橋口幸生氏の「言葉ダイエット」は、「読みたいことを、書けばいい。」の著者田中泰延氏の主張と本質的によく似ています。田中泰延氏も元電通のコピーライターです。

また福沢諭吉は「サルでもわかる文章を書け」と諭しています。「文章を難解にしてわかりにくくするよりも、誰にでもわかるような平易な文章を書くのがベスト」という考え方ですが、この「言葉ダイエット」に通じるものがあるように思います。


言葉ダイエット メール、企画書、就職活動が変わる最強の文章術 [ 橋口幸生 ]


読みたいことを、書けばいい。 人生が変わるシンプルな文章術 [ 田中 泰延 ]



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする