WHO発表の「コロナ新規感染者は日本が世界最多」 は真実ではない!?

フォローする



WHO “新規感染者は日本が世界最多” 1週間当たり約97万人

1.WHO発表の「最近1週間のコロナ新規感染者数は日本が世界最多」のカラクリ

WHO(世界保健機関)が7月27日、新型コロナウイルスの新規感染者数の報告書を発表しました。今月24日までの1週間当たりの新規感染者数日本が、およそ97万人と世界で最も多くなっていま

それによると、今月24日までの1週間当たりの新規感染者数は、世界全体で660万7653人前の週より3%減少しました。

新規感染者数は、世界全体でわずかに減少していますが、東アジアでは増加傾向が見られ、前の週に比べて、モンゴルはおよそ7倍、韓国は80%増えています。

また、日本も73%増えていて、新規感染者数は96万9068人と世界で最も多くなっています。アメリカは約86万人、ドイツは約57万人、イタリアは約53万人、フランスは約51万人と続きます。

一方、死者は米国が最多で約2600人、ブラジルが約1400人で、日本の死者は272人でした。

日本ではオミクロン株の新たな派生型「BA・5」による「第7波」の勢いが続いていることも影響していると思います。

日本に先だって「BA・5」が拡大した欧米各国では今は減少に転じているということです。欧米各国は今後も、すでに解除した各種規制を再導入することなく、「ウィズコロナ(コロナとの共生)」を継続する構えです。

なおWHOは、各国から寄せられる情報には差があるとしていて、の感染者数は、さらに多い可能性もあるとしています。

2.各国の新規感染者数のデータの正確性には疑問がある

上記のWHO発表のニュースに私は違和感を覚えました。

WHO自身も認めているように、「各国から寄せられる情報には差がある」のです。今や欧米ではマスク着用が減っており「濃厚接触者の報告」や「陰性証明」が不要になったりしていますので、実態としてはWHOに提出している新規感染者数よりはるかに多い可能性もあります。

欧米ではPCR検査を受ける人も少なくなっており、検査数が少なければ「コロナ新規感染者数(陽性者数)」も少なくなるのは当然です。

北朝鮮のように「無症状者はそもそも新規感染者としてカウントしない」国もあるのです。

「ゼロコロナ政策」を続ける中国は別として、コロナに対する厳戒態勢を維持しているのは日本ぐらいではないでしょうか?

他の国では、政府も国民も「ウィズコロナ」態勢に入りつつあるようです。

7月30日の「正義のミカタ」で藤井聡京大教授は、「先日、学会でヨーロッパに行った時、ほとんどの人がマスクを着用せず、空港のPCR検査場はガラガラで日本人しかいなかった」と話していました。

3.「インフォデミックス」に注意が必要

前に「連日のコロナ報道はインフォデミック!今回の緊急事態宣言は百害あって一利なし」という記事を書きましたが、ニュースを無批判に鵜呑みにすると実態を見誤る危険があります。

ちなみに、「インフォデミック(infodemic)」とは、「根拠のない情報が大量に拡散する状況」を指す言葉で、「情報」を意味する「インフォメーション(information)」と「一定の集団や地域での感染症の流行」を意味する「エピデミック(epidemic)」を合わせた造語です。

4.感染力の強い「BA・2.75」対策には、「2類相当から5類への引き下げ」が不可欠

余談ですが、今日本では「BA・5」から、より感染力の強い「BA・2.75」(通称「ケンタウロス」)に置き換わりつつあります。

毒性や重症化率は低いようですが、新規感染者数は激増しており、それに対応する保健所や専門医療機関に過大な負担がかかっています。

これの対策としては、私が前から主張しているように「2類相当から5類への引き下げ」が不可欠です。

今「発熱外来」がパンク状態になっています。後藤厚生労働大臣は「第7波が収束してから検討する」と言っていますが、そんな悠長なことでは、本当に「医療逼迫」や「医療崩壊」が起きてしまいます。

5.「コロナ狂騒曲」とも言うべき「コロナ問題」についての私の考え

「コロナ・パンデミック・感染症」については、この2年6ヵ月の間に多くの記事を書いてきました。「コロナ問題」を冷静に考え、振り返るための参考にしていただければ幸いです。

ケンタウロスとは?感染力がオミクロン株BA.5の3倍以上の新たな亜種。

エンデミックとは?パンデミックやエピデミックとの違いをわかりやすく紹介

「サーズ」「マーズ」「スペイン風邪」の大流行はどのようにして収束したのか?

オミクロン株で沖縄などに効果の疑わしい「まん延防止等重点措置」適用は愚策

新型コロナ患者急増に対応する「野戦病院」はうまく機能するのか?

「RSウイルス感染症」とは?わかりやすくご紹介します。

現在開発中の「新型コロナワクチン」はどのようなものがあるのか?

現在使用されている「新型コロナ治療薬」や新薬開発状況はどうなっているのか?

コロナ変異株にギリシャ文字を使うのはなぜか?変異株のできる仕組みとは?

自宅療養者急増!「2類相当から5類へ変更」が病床逼迫への対応に最も有効!

中国製ワクチンの有効性と安全性は?中国も今後mRNA型ワクチンに切換えか?

中国のワクチン外交とは?その狙いと実態をわかりやすくご紹介します

ワクチンは接種後効果はいつから出るのか?持続期間は?変異株への有効性は?

コロナワクチンの「交差接種」は有効なのか?安全性に問題はないのか?

無観客五輪は菅首相の敗北!緊急事態宣言と酒類の提供禁止は即刻解除すべし!

64歳以下への接種券送付が自治体でばらつきがあるのは問題。早急に発送を!

コロナワクチン接種と副反応。「ゼロリスク信仰」と「SNSのデマ情報」の問題

最近の「コロナ報道」は「フレーミング効果」理論から見ても問題・弊害が多い!

連日のコロナ報道はインフォデミック!今回の緊急事態宣言は百害あって一利なし

コロナ感染後、中和抗体が1年間も持続との研究結果は朗報!ワクチン接種に弾み

コロナワクチン接種の優先順位を上げるべき職種がまだある。政府は見直しを!

ワクチンはファイザー・モデルナに限定し、アストラゼネカは購入キャンセルを!

コロナ禍の中、病院の「発熱外来」の対応がスムーズに行かない現状はおかしい!

三度目の緊急事態宣言の「対策」には不可解なものや無意味なものが多い!

パンデミックとなった新型コロナの原因究明は必要!中国の生物化学兵器なら怖い

三度目の緊急事態宣言はコロナ対策のメリットより経済へのデメリットの方が大!

指定感染症「2類相当」から「5類」への変更が最優先のコロナ対応!

日本よりコロナ感染者数が多い欧米で医療崩壊が起きていないのはなぜか?

GoTo一時停止や時短要請は有効か?京大・宮沢准教授の目玉焼きモデルに注目!

GoToを一時停止すれば、コロナ感染拡大の抑止は可能か?最近の風潮は疑問!

コロナの「謎対策」「過剰対策」の効果は?漫然と続けるより見直しが必要!

「コロナ報道や発表」は「重症者と死者の推移」に変えないと実態を見誤る!

コロナ重症者数が高齢者感染増加で大阪が東京の2倍超。実効再生産数にも注目!

国際医療福祉大学の高橋泰教授の「コロナ新仮説」をわかりやすく紹介します

免疫と抗体と抗原はどう違うのか?全員が免疫か抗体を持つまでコロナは終息しないのか?

新型コロナウイルス肺炎が引き金となって大恐慌が起こる可能性はあるのか?

自衛隊員はコロナ救援活動でも感染者ゼロ!

日本人の行動様式の良さと衛生意識の高さが感染者数を低く抑えている大きな要因

「新型コロナウイルス肺炎」の有効な治療薬やワクチン開発はいつごろになるか?

コロナのワクチン開発状況は?日本の対応は?わかりやすくご紹介します

「トリアージ」のガイドライン作成が新型コロナウイルス肺炎対策として急務!

イソジンなどポビドンヨード配合うがい薬を病院は軽症者に積極的に試すべき!

コロナ禍で日本では個性的手作りマスクが増加!黒マスクが韓国男性の間で流行。

「ビデオ通話(テレビ電話)」のやり方は?「オンライン診療」とは何か?

マスクは一時の品薄状態から一転して「マスクバブル崩壊」へ!

消毒液の品薄はいつ迄続く?今後は転売摘発強化や消毒液の備蓄体制整備が必要!

トイレットペーパー品薄はデマから不安になる心理!

図書館の椅子撤去はいつ終わるのか?「過剰自粛」で利用者は迷惑千万!

高野連は「夏の全国高校野球中止決定」を撤回すべき!

安倍首相はなぜ緊急事態宣言を出さないのか?アベノマスク配布は愚策!

新型コロナウイルス肺炎関連の休業要請に対する休業補償。東京都と国の対応の違い

「コロナの緊急事態宣言解除」と「経済活動再開」の進め方

「新型ブニヤウイルス」による「SFTS」とは?わかりやすくご紹介します



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする